【調査】記者の結婚相手の条件って?記者と出会い結婚する方法

こんにちは、莉佳です🤗

この記事では、

  • 実際に記者の男性と結婚された方に「記者の男性との結婚生活が、どんな風になるか」について聞いたアンケート結果
  • 婚活市場で記者の男性と結婚する方法

についてご紹介しますね。

 

実は昔から、記者の男性はある程度の人気があります。
それは収入面は勿論ですが、それ以外にも

  • 色々な情報を先取りで聞ける
  • 色々なことを知っていて、話が面白い
  • 色々な場所へ取材へ行くので、ついていくことが出来る
  • 色々と、おいしいお店や隠れ家的なお店を知っている

というメリットがあるからなんですね。

 

そんな記者との結婚生活について、記事の前半ではまず収入面をご紹介します。
年収がわかれば、だいたいの月の生活費や家計、お小遣いがいくら貰えるか、毎年どれくらい貯金が出来るか、どんな家や車が買えるか、子供をどんな学校に行かせられるかもイメージできますよね。

 

その次に、実際に記者の男性と結婚した人からとったアンケート結果を紹介します。

例えば

  • 記者の旦那さんの年収
  • 妻として家事はどんなことをしているか
  • 結婚生活の月々の生活費や家計
  • お小遣い制の場合はいくらもらっているか
  • 平日・休日の過ごし方
  • 記者の男性と結婚して幸せを感じる時
  • 記者の男性と結婚して、子育てで良かったと感じるとき
  • 記者の男性と結婚して、妻としてステータスを感じる時
  • 「記者の男性と結婚する」と親に紹介した時の、親受け

などなど…。

記者の男性と結婚した人の体験談を読むだけで、嫁としての暮らしや結婚生活、心得や覚悟がイメージできると思います。

 

でも同時に、ふだん記者とかかわりがない方は

  • (記者の男性と実際に結婚出来た人って、どんなタイプの人なんだろう)
  • (もしかして、学歴とか家柄とか容姿とか職業とか、気にする人が多いんだろうか…)
  • (今の私じゃ、記者との結婚は難しいのかな)

と、少し気になるかもしれません。

そこで同じように、実際に記者の男性の妻となった方に

  • 自分で容姿を美人だと思うか、ブスだと思うか
  • 妻であるあなたは、どのような性格だと思うか
  • 普段の服装はどのようなイメージか
  • 妻であるあなたの家柄は良いと思うか
  • 高学歴か、それとも低学歴か
  • あなたが結婚した際の職業と年収

についても聞いてみました。

これを読んでもらえば、どんなタイプの人が記者の男性にウケるのか参考になると思います。

 

そして最後には、記者と出会うきっかけ、結婚方法についてご紹介します。
最後まで読んでいただくと、記者との結婚がすごく難しいとか、高望みじゃない事もわかると思います。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!
<今すぐ「記者と出会う方法」まで記事を飛ばす場合はこちら>

記者の平均年収・給料って?

それでは、まずは記者の平均年収を見ていきましょう!
記者といってもいくつかの種類がありますが、ここでは代表的なファッション雑誌記者と、新聞記者の平均年収をご紹介します。

ファッション雑誌記者の平均年収・給料

20~24:約530万円
25~29:約620万円+ボーナス77万円
30~34:約720万円+ボーナス90万円
35~39:約800万円+ボーナス100万円
40~44:約880万円+ボーナス110万円
45~49:約970万円+ボーナス120万円
50~54:約1000万円+ボーナス130万円
55~59:約1000万円+ボーナス125万円
60~64:約780万円+ボーナス100万円
65~69:約750万円+ボーナス50万円

https://clabel.me/occupations/1235

いかがでしょう?
実はファッション雑誌の記者は、40代で年収1000万円を突破できる数少ない勝ち組の職業の一つだったりします。

そてにファッション記者はセンスが命と言われていて、実力があれば若くても高いお給料を稼げるそうなんです。
ファッション雑誌の記者になること自体は難しいですが、すでに記者をされている旦那さんを捕まえることが出来れば、収入面では何の心配もないと思いますよ。

新聞記者の平均年収・給料

新聞記者の平均年収は、以下の通りです

20~24歳 679.3万円+ボーナス42.5万円
25~29歳 450.6万円~500.6万円+ボーナス125.2万円
30~34歳 474.0万円~574.0万円+ボーナス143.5万円
35~39歳 490.1万円~594.1万円+ボーナス148.5万円
40~44歳 546.5万円~667.5万円+ボーナス166.9万円
45~49歳 625.6万円~747.6万円+ボーナス186.9万円
50~54歳 691.0万円~801.0万円+ボーナス200.2万円
55~59歳 684.3万円~794.3万円+ボーナス198.6万円
60~65歳 440.7万円~794.3万円+ボーナス135.2万円

(https://heikinnenshu.jp/other/newsman.html/https://heikinnenshu.jp/kininaru/asahishinbun.htmlより)

新聞記者はファッション雑誌ほどではないものの、こちらも50代で1000万円に手が届く勝ち組の仕事の一つです。
大手新聞社に勤めているなら、その分収入も結婚生活も安定しているといえるでしょうね。

ただし新聞記者の平均年収は、以下のように新聞社のレベルで大きく変わってきます。

  • 大手新聞社(朝日新聞・読売新聞・毎日新聞・日本経済新聞・産経新聞などの全国紙):1227万円
  • ブロック紙(北海道新聞、中日新聞、西日本新聞など):828万円
  • 地方新聞社(静岡新聞、新潟日報、信濃毎日新聞、京都新聞、神戸新聞、山陽新聞など):634万円
  • 業界専門新聞社:540万円

 

年収1000万円クラスの記者を見つけたいなら、新聞社の中でも全国紙の記者をされている方を見つける必要がありそうですね。
十分、玉の輿の結婚相手と言えそうです。

※ちなみに、退職金の平均は?

ちなみに退職金の平均は、約2500万円と言われています(http://diamond.jp/articles/-/178401)

<今すぐ「記者と出会う方法」まで記事を飛ばす場合はこちら>

実際に記者と結婚した方のアンケート結果

お待たせしました。
それでは実際に記者と結婚して、嫁として幸せな生活を送っている方の体験談を見ていきましょう。

記者との憧れの結婚生活はもちろん、記者の妻の特徴や条件なども参考になると思います。
中にはプチセレブな結婚生活を送っている人もいるようです。

Aさんの体験談はこちらをクリック

Aさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

600万円

現在の家族構成を教えてください。

夫、私、息子

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働き

家事はどのようなことをしていますか?

炊事と洗濯と掃除をしています。

月の生活費はいくらくらいですか?

30万円ほどで、食費と生活必要品、そして子供の教育費や保険、そして携帯や色々な物を払っています。貯金は夫にまかせています。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は私もフルタイムで働いています。
休日は子どものサッカーにつきそっています。

記者と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

兎に角不規則な生活で、夜が遅かったりしますが、ある程度子供が大きくなってくると夫は元気で留守が良いという事も言われるぐらいですし、生活パターンが息子と2人の生活になってくるので、ご飯で手抜きが出来たりといったメリットはあります。
色々な所に取材にいったりしているので、美味しいお店を教えてくれたり連れて行ってくれたりします。

然し多忙であまり家にいません。
ステータスか分かりませんが、ママ友との会話で記者をしているというと、すごーいと言われます。

生活サイクルは子どもと二人で夜ご飯を食べたりしますが、できるだけ朝ごはんは3人揃って食べる事を心がけるように夫婦でしています。
そのために早く起きてもらっています。

子育てをするうえで、記者と結婚してよかったと思うことは何ですか?

視野が広くなるという事は有るかもしれません。
フリーの記者なので行動パターンも広いです。

正直なところ、記者の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

そこまでステータスは感じていませんが、色々な事を先取りで知る事ができるというのは有るかもしれません。
それを口外しないようにはしていますが、皆が知らない事を先に知っている事は優越感を感じる事も有ります。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

普通だと思います

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

明るく社交的

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

カジュアル系でパンツスタイルが多いです

あなたの家柄は良いと思いますか?

中流家庭だと思います

あなたは高学歴だと思いますか?

大学卒業までです

結婚した際のあなたの職業と年収は?

会社員、280万円

Bさんの体験談はこちらをクリック

Bさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

650万円

現在の家族構成を教えてください。

子ども2人 叔母の5人家族です

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働きです。

家事はどのようなことをしていますか?

主に叔母がやってくれています。

月の生活費はいくらくらいですか?

10万円ぐらいです。

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

3万円ぐらいです。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

休日は子供の為に時間を使っています。

記者と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

同じ職場なので仕事の理解がお互いにあることです。
結婚しても仕事を続けられているのは今の夫のおかげです。

私が産休をとった時に夫から仕事を続けて欲しいと言われ仕事場に戻ることができました。
生活のリズムはお互い不規則で安定してないことが多いので、叔母を頼りになんとかこなしています。

 

収入は主に私の方が稼げているので夫から最近は不満の声があります。
職業柄お互いにライバル関係なので、仕事のことでよく言い争いをしています。

それでも結婚してよかったと思うことは一人で悩むことがなくなったことです。
私は夫の上司なので、自分の立場から意見を言うことが多いのですが、夫は家庭の上司なので、子どもたちのことを考えているので任せています。

子育てをするうえで、記者と結婚してよかったと思うことは何ですか?

文字に興味を持つようになったことです。

夫婦で新聞をチェックするので、子供2人も興味を持つようになりました。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

思いません

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

しつこい性格だと思います。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

ジーパンをよく吐きます。

あなたの家柄は良いと思いますか?

そうでもないと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

専門卒です。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

毎日新聞の社会部に所属しています。

Cさんの体験談はこちらをクリック

Cさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

580万円

現在の家族構成を教えてください。

私と夫

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働き

家事はどのようなことをしていますか?

炊事と洗濯

月の生活費はいくらくらいですか?

15万円程度。
食費は3万円、家賃7万円、その他諸々が5万円です。

記者と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

収入は、生活に困らない程度の収入は確保されているので、そこのところな良かったなと思います。
生活サイクルは、夫は、海外などによく出張に行ったりしているので、割と一人の時間が確保できることが多いので、その時は、一人で気ままに自由の時間を過ごすことができるので良かったなと思います。

また、久しぶりに出張から帰ってきた夫と会うと、新鮮味がますのでなんだか楽しいなあとおもえることができます。

 

あとは夫が出張先であった出来事をいろいろ話してくれることができるので、聞いていて面白いと思えるので、そこが記者の人と結婚して、良かったと思える生活かなとおもいます。

またステータスとしては、夫が仕事で海外に行っていると話すとすごいと行ってくれる人がいるので、そこはステータスかなとは思います。

正直なところ、記者の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

いろいろな知識が豊富なので、わりと頭の良い夫と親戚の人に思われていて、尊敬されています。

親に記者と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

喜んでいました。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

美人ではないと思います。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

わりとのんびりやな性格で、焦らない方です。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

カジュアルな服装を好みます。

あなたの家柄は良いと思いますか?

家柄は、良い方ではないかなと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

一応、慶応大学を出ているので、高学歴だと思います。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

銀行員をやっていて、300万円程です。

Dさんの体験談はこちらをクリック

Dさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

700万円

現在の家族構成を教えてください。

旦那、私、子どもが二人います

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦です

家事はどのようなことをしていますか?

掃除と洗濯と炊事といった一般的な事です。

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

食費で4万円、光熱費で2万円、通信費用で2万円、保険で3万円、あとは家のローンや車関係のローンなどは夫の口座から引き落としです。

お小遣いはどれくらい貰っていますか?(小遣い制の場合)

2万円ぐらいもらっています。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は幼稚園に送迎をして、食事を作ったり家事をしています。
働いていないので休日という区分けはほとんどありません。

記者と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

年収はすこし多めなのかなと思います。
その分私は今の段階では専業主婦でいられるので、上の子が小学生で帰宅した時に家にいてあげられるというのが良いです。

私は親が共働きで寂しい思いをしていたので、専業主婦でいられるような年収の方との結婚を希望していたというのはあります。
かなり残業が有る会社で、帰りは結構遅くなる日が多いため、子供とはあまり会えません。

その分長期で休める時に家族旅行に行く事を楽しみにしています。
記者ということでのステータスはあまり感じることは無いかも知れませんが、常に仕事に力を入れている夫を見ると、尊敬しているという気持ちが有って良いです。

子育てをするうえで、記者と結婚してよかったと思うことは何ですか?

専業主婦でいられる収入があるので、それは良かったと思います。

正直なところ、記者の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

皆さんが知っているような新聞社の社員なので、それはステータスかも知れません。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

自分では言いづらいですが、中の上ぐらいだと思っています

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

明るくて元気

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

控えめな服装です

あなたの家柄は良いと思いますか?

中流家庭です

あなたは高学歴だと思いますか?

大学まで行きました

結婚した際のあなたの職業と年収は?

会社員、380万円

Eさんの体験談はこちらをクリック

Eさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

650万円

現在の家族構成を教えてください。

夫と私と息子が一人

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働きです

家事はどのようなことをしていますか?

炊事や洗濯、掃除と言った一般的な家事をしています

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

食費は3~4万円で、あとは水道光熱費で3万円、通信費で2万円近く、保険や家賃のことは夫が担当しています。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は週3回ほどパートに出かけ、あとは結構自由です。
休日は子どもの習い事に付き添っています。

記者と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

収入の面では年齢の相場よりは高いかも知れません。
しかしフリーで行っている記者なので、毎月少しばらつきがあるようです。

ステータスというのはあまり感じたことは有りませんが、一般の方が知りたいような内容を調べていたり取材をしていたりするので、知ることが出来た優越感を感じることも出来ます。

 

生活サイクルは不規則で夜遅くなったりする事も有ります。
かと言って毎日遅いわけではないので、子供といっしょに家族でご飯を食べることも出来ます。

不規則だからこそ常に私と息子との生活をやりやすいサイクルでおくれる部分もあって、出張でいない事も有りますがそういった時の方が、ご飯の支度も手を抜くことが出来るといったメリットも有ります。

子育てをするうえで、記者と結婚してよかったと思うことは何ですか?

どうしても休んでもらいたい行事ごとの時などは、フリーのため出来る時には休んでくれます。

正直なところ、記者の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

他の人が知らないけれど知りたいような内容を、いち早く知ることが出来る場合も有ります。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

美人かどうかは分かりませんが、常に自分に自信を持つようにはしています。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

常に前向き

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

カジュアル系

あなたの家柄は良いと思いますか?

そうでもないです

あなたは高学歴だと思いますか?

高校卒業でした

結婚した際のあなたの職業と年収は?

ウエイトレスで年朱は250万円

Fさんの体験談はこちらをクリック

Fさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

年収900万円

現在の家族構成を教えてください。

夫、私、子供2人

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦

家事はどのようなことをしていますか?

家事はご飯、掃除ぐらいです。あとは家事代行に頼んでます。

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

だいたい30万です。

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

80,000円です。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

子供と一緒にリズム遊びなど、買い物に行きます。

記者と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

色々な情報など教えてくれます。
あとはやはり年収が高いことです。

一見すると記者の妻ってだけで、近寄りがたいのかなかなか友人ができません。
しかしながら、同じ家柄の人とはとても仲良くなれます。

子供同士も仲良くて、旦那の愚痴を言い合う。
同じ記者さんの妻だから、話しが盛り上がるんだとは思いますけど、そう言った点はいい点です。

またお金に困らない、生活に余裕があるので趣味に費やす時間があったり、子供との遊びの時間は大事にできます。
お金がないとか、今月はもう厳しいってことがなく、お金のことで喧嘩したということは今までありません。

結婚相手にするにはとてもオススメしたいです。
記者さんはもうとても頭の回転が速いです。

子育てをするうえで、記者と結婚してよかったと思うことは何ですか?

子供の好きなところに連れてってあげれるとこがいいと思う。

正直なところ、記者の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

記者の妻というと、距離をあげられることが多いですね。
でも友人があなた記者と結婚できて良かったねって言われたときにそうだなって思います。

親に記者と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

頭が良く、まぁ普通に結婚はいいって言ってくれました。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

美人というよりサバサバ男ぽいと思います。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

サバサバしていて頑固。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

至って普通です。パンツにブラウスかセーター

あなたの家柄は良いと思いますか?

少し良いと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

私自身は高卒なので普通です。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

アルバイト、200万

Gさんの体験談はこちらをクリック

Gさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

950万円

現在の家族構成を教えてください。

夫婦二人だけ。

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働きです。

家事はどのようなことをしていますか?

夫婦で半々。夫が掃除洗濯を担当します。

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

25万円。家賃10万円、光熱水費5万円、食費5万円等。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は仕事中心。休日は休みが合えば出かけたりします。

記者と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

職場の同僚なので、まずお互いにお互いの仕事の特性を理解しているところがありがたいです。
特に記者は休日出勤や深夜残業等が突発的に発生する職種のため、相手がそうなっても特に気にすることはありません。

また、出張等も多いため家を開けることにも特に抵抗なくです。

 

記者というと社会的なステータスはあるのですが、よく新聞と雑誌を区別せず批判してくる方も多いため、その点は少しストレスになります。
生活サイクルは転勤もあったりするので今後は地方支社での勤務などと想定されていますが、お互いに単身赴任を承諾しています。

収入にはあまり拘りはありませんが、ある程度不況の煽りを受けて減額された時もありました、もう少し昔の水準に戻ってほしいと嘆いています。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

普通かと。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

論理的な分析屋と思います。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

オフィスカジュアルを意識しています。

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通かと。

あなたは高学歴だと思いますか?

私大卒です。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

記者 600万円


いかがでしたでしょう?

アンケートをまとめると、記者の男性は

  • 生活リズムが合わない分、自分のペースで生活できたり、ご飯を手抜きできたりする
  • いつも一緒にいられるわけではないからこそ、生活に新鮮味がある
  • 色々な場所へ取材に行くため、おいしいお店などに詳しい
  • 色々な情報を先取りして教えて貰える
  • 頭の回転が速く賢い人が多い

などの結婚するメリットがあるみたいです。

 

一方で、記者の結婚相手の特徴や条件は

  • 顔も美人な人もいれば、そうでないと評価する人もいて
  • 家柄が良い人も普通の人もいて
  • お嬢様もいれば一般人もいて
  • 職業は元看護師や薬剤師ばかりかと思えば、そうでない仕事の記者の嫁も沢山いて
  • 学歴も高卒から高学歴な人までいて
  • 服装も、ブランド物を着飾る人からユニクロの人までいて
  • 妻のタイプや性格も様々で

人によって、結婚相手に求めるものは様々みたいです。

記者と出会う方法・なれそめは?

実は「記者」という職業を狙い撃ちして婚活をするのは、かなり難しかったりします。
というのも、男性記者は全国に1万5000人ほどいると言われているのですが、これって弁護士の数の半分程度、官僚と同じくらいの人数なんです。

それに彼らはいつも忙しく働いています。
なので普通の出会いの場に足を運んでも、記者の方と出会える確率・結婚できる確率はかなり低いんですよね。

 

そこでやっぱりお勧めなのが、ネット婚活です。
実際、以下のように記者の方がたくさん登録されています(アプリが苦手な場合は飛ばしてください)↓

ちなみに上のアプリは、マッチングアプリの中ではもっとも会員数が多い(1000万人超え)ペアーズというアプリですが、たくさん記者の男性が登録されていました。
マッチングアプリは抵抗がある方もいるかもしれませんが、”記者”という少し特殊な職業は、とにかく会員数が多いマッチングアプリが一番狙い撃ちしやすいんですよね…。

(ちなみに2番目に会員数が多いomiaiというアプリはペアーズの1/3しか会員がいないので、ペアーズだけで大丈夫だと思います)

 

それにペアーズは婚活パーティや結婚相談所と違ってこちらの個人情報を一切出さずに相手の顔、身長、年収などが知れるメリットもあります(最近はFacebookも不要になりました)。
女性側は無料ですし、「記者の男性ってどんな顔してるんだろ」と覗いてみるだけでも面白いですよ(笑)

ぜひ、出会いのきっかけの一つとして使ってみてください。

⇒ペアーズの公式サイトはこちら

 

婚活パーティーで記者と結婚するのは、難易度がかなり高い理由…

最近では出会いの場として当たり前になってきたのが、婚活パーティーというイベントですよね。

私は普段なら婚活パーティも出会う方法としてご紹介しているのですが、婚活パーティって人数が集まらないと開催できないので、記者ような特殊なお仕事をされている方を集めて開催するのはほぼ不可能なんです。
実際、記者限定の婚活パーティというものはありませんでした

 

もちろん記者の中には婚活パーティーへ参加している男性もいるとは思うんですが、私たちからすると

  • 実際に参加してみないと、記者の男性が参加しているかわからない
  • 記者の男性は全体数が少ないので、出会える確率がとても低い
  • それなのに、女性側も参加するたびにお金がかかる

と、効率が悪いんですよね。

それなら

  • 確実に記者の男性が目の前にいて
  • わざわざどこかへ足を運ばなくても、自宅でもどこでも連絡を取り合えて
  • しかもお金がかからない

というアプリの方が、記者の男性と出会う分には向いていると思います。

⇒ペアーズの公式サイトはこちら

 

「絶対に独身で」「本当に記者で」「すでに結婚の準備ができている」のが結婚相談所

これまでマッチングアプリと婚活パーティをご紹介しましたが、実はどちらも

  • 独身証明書提出の義務がないので、既婚者が遊びで使っている可能性がある
  • 勤務先の証明も必要ないので、本当に記者かわからない
  • 収入証明書の提出義務がないので、年収を嘘をついている可能性がある
  • 利用料金が安いので、遊び感覚で使っている男性がかなり多い

というデメリットがあります。

特に記者の場合は、勤めている会社次第で年収が倍くらい違います。
またフリーか勤め人かによっても安定性が違うため、身元がしっかりわからないと結婚するのは少し怖い部分もありますよね。

また「今、○○について調査をしていて…」と嘘をついて、変な勧誘をしてくる人もいるかもしれません。

 

その点、結婚相談所は

  • 男性側もそこそこ高い入会金や月会費を払わないといけないので、「出来るだけ早く結婚したい!」と思っている人しかいない
  • 身分証明書、独身証明書、最終学歴の証明、勤務先の証明、所得の証明、国家資格の証明などすべて必須なので、私たちも安心して婚活できる

というメリットがあります。

要は相手の勤めている会社、年収、学歴などすべてはっきりわかるのが、結婚相談所なわけです。

「恋愛より結婚!」なら、相談所が一番いい理由

私も婚活をしていて感じたのが、やっぱり女性は年齢を重ねれば重ねるほど不利になります。
それなのに、仮にマッチングアプリで記者なのかどうかわからない男性とダラダラ付き合って、結局うまくいかずに歳だけを重ねてしまい、最後には結婚相談所に登録したとします。

すると歳を重ねた私たちは、「自分より少し若いくらいの女性が、どんどん記者と結婚していく様子をただ見ているだけ」「私たちのお見合いはことごとく断られて、一人で生きていく覚悟をしなくちゃいけなくなる」なんてことになってしまうかもしれません。

 

でも、私も一人で生きていくことを想像したことがあるのですが、

  • 「結婚してない」というのは、友達と一緒にいても何だか一人の女性として気まずい感じがするし
  • このまま歳を重ねて親が亡くなった後、精神的な支えになってくれる人がいないのは寂しすぎるし
  • 老後の資金も、全部自分一人で用意するなんて到底無理だし
  • 親に(どうしてうちの子だけ…)なんて思われるのも悲しすぎるし
  • 今の友達も子育てに集中していって、話が合わなくて寂しい思いをするかもしれないし

とにかく絶対に一人で生きていくのは無理だと思ってました。

 

かといって相手を妥協すると

  • 可愛い子供に「どうして友達は○○してるのに、ウチでは無理なの?」と言わせてしまったり
  • 子供の習い事などで、ママ友にマウントを取られたり
  • 友達が専業主婦になって生活レベルも上がって、昼間に趣味やランチを楽しんでる中、私たちは共働きでヘトヘトになりながら働かないといけなかったり
  • 友達に何か誘われたときに、こっちは貯金のためにイチイチお金について考えないといけなくて、次第に誘われなくなったり
  • 頑張ってローンを組んで、間取り、駅地近、セキュリティを予算と相談しながらカツカツになってマイホームを買ったのに、友達は何も気にせずもっと広くてオシャレで便利なエリアにマイホームを構えてたり
  • 友達の家にお邪魔するばかりで、こちらの家にはどうも呼びにくかったり
  • 友達が長期休暇のたびに家族で旅行に行った話に、一生羨ましいと思わないといけなかったり

するかもしれません。

もし、まだ若いあの時相談所に登録していれば、今頃生活は一変していたかもしれないのに…。

 

それなら一番若い今、お金を出して相談所でサッと記者と結婚してしまって、

  • 「記者の妻」として一目置かれる
  • 仕事を辞めて専業主婦になり、趣味や習い事を楽しめる
  • お金の一切の悩みがなくなって、夢のような人生が送れる
  • 老後も支えあったり、精神的な支えになってくれる
  • 何よりも親が「安心した」「おめでとう」と喜んでくれる
  • 自分だけのかわいい子供に、習い事でも何でも好きなことをさせてあげられる
  • 友達の不況の話も関係なく、毎月ザクザクお金が貯まっていく
  • ママ友の誰よりも立派なマイホームに住めるし、友達も沢山呼べる
  • 一生に一度しかない結婚式も、とびきり特別なものにして、友達や親戚を呼べる
  • 毎年、国内旅行はもちろん海外旅行にも行ける
  • 年齢の焦りもプレッシャーもリセットできて、あとは安らぎのある安定した日々が続くだけ

そんな「記者の妻」になってしまうのが良いんじゃないかと思います。

確かに初めは少しお金はかかるけど、後になって人生まるごと変わってしまうわけですから、実は賢い選択なんですよね。

 

別に今日や明日入会する必要はないので、資料請求から軽い気持ちで始めてみるくらいが、結婚への第一歩として丁度いいんじゃないでしょうか。
お金もかかりませんし、他の人の成婚レポートを読むのも楽しいですよ(笑)

「最低でも年収600万円以上ある記者」を探すなら

もししっかり収入のある記者をを結婚相談所で見つけたいなら、ハイクラス限定の結婚相談所がおすすめです。

ハイクラス限定の結婚相談所は

  • 男性側は最低でも年収600万円以上の制限があるため、年収の低い男性を紹介される心配がない
  • 人材派遣会社と提携したり、元は一流大学OB限定の会員制クラブだったりで、独自にハイクラスな男性を集めているため、他では出会えない方が登録している
  • 年収600万円以上の職業はか限られているため、記者の男性も「会社員」としてたくさん在籍している

という特徴があります。

 

ハイクラス結婚相談所はいくつかあるのでこちらの記事でまとめてご紹介しているのですが、記者のように少し珍しい職業の場合は、事前に結婚相談所に自分の希望する男性が在籍しているかどうか、確かめられるサービスを利用するのが良いと思います。

というのも、基本的に結婚相談所は入会するまでどんな男性がいるか詳しくは教えて貰えません。
公式サイトの「ウチは〇割りの人が経営者ですよ~」みたいなのを参考にするしかなく、それ以上知るには入会金の数万円^数十万円を支払わないといけないんですよね。

 

そんな中、

  • クラブオーツー
  • icon
  • WISH(ウイッシュ)

という3つの結婚相談所は、一切入会せず、またわざわざラウンジへ行かなくても、公式サイトから自分の結婚相手の条件を入れるだけで、希望する男性がいるかどうかを教えてくれるサービスをやっています。

クラブオーツーは郵送で3名、希望した男性が届きます

iconはメールで、希望する男性がどれくらいいくら教えてくれます

WISHもメールで、希望する男性の実際のプロフィールを送ってもらえます

わざわざカウンセリングに行かずに今すぐ希望する男性がいるかどうか教えて貰えるので、「勧誘されたらどうしよう」と警戒しなくていいので楽ですよね。
ぜひ自分の希望する記者の男性がいるか、診断してみてください。

クラブオーツーの公式サイトはこちら
→クラブオーツーの料金、入会資格、システムや流れ、口コミなどの基本情報はこちら

→iconの公式サイトはこちら
→iconの料金、入会資格、システムや流れ、口コミなどの基本情報などはこちら

→WISHの公式サイトはこちら
→WISHの料金、入会資格、システムや流れ、口コミなどの基本情報はこちら

<その他のハイクラス結婚相談所一覧はこちら>