【調査】教授の結婚相手の条件は?大学教授と出会い結婚する方法

こんにちは、莉佳です🤗

この記事では、

  • 実際に大学教授・准教授の男性と結婚された方に「教授の男性との結婚生活が、どんな風になるか」について聞いたアンケート結果
  • 婚活市場で大学教授の男性と結婚する方法

についてご紹介しますね。

 

教育関連の職業のトップステータスと言われているのが、大学教授。

  • 平均年収は30代で1000万円越えの超安定職
  • 誰もが認めるハイステータスで、親ウケ抜群、ママ友にマウントを取られる心配ゼロ
  • 頭が良いため、子供も賢くなりやすい
  • 週に2~3日休めるため、夫婦や家族の時間を作りやすい
  • 学会などで海外に行く機会も多く、ついていくことが出来る

と、結婚相手として超勝ち組のメリットしかないのが教授です。

 

そんな教授について、記事の前半では収入面をご紹介します。
年収がわかれば、だいたいの月の生活費や家計、お小遣いがいくら貰えるか、毎年どれくらい貯金が出来るか、どんな家や車が買えるか、子供をどんな学校に行かせられるかもイメージできますよね。

 

その次に、実際に教授の男性と結婚した人からとったアンケート結果を紹介します。

例えば

  • 教授の旦那さんの年収←今回のアンケートでも1000万円越えの方が数名いました
  • 妻として家事はどんなことをしているか
  • 結婚生活の月々の生活費や家計
  • お小遣い制の場合はいくらもらっているか
  • 平日・休日の過ごし方
  • 教授の男性と結婚して幸せを感じる時
  • 教授の男性と結婚して、子育てで良かったと感じるとき
  • 教授の男性と結婚して、妻としてステータスを感じる時
  • 「教授の男性と結婚する」と親に紹介した時の、親受け

などなど…。

教授の男性と結婚した人の体験談を読むだけで、嫁としての暮らしや結婚生活、心得や覚悟がイメージできると思います。

 

でも同時に、高収入&のハイスペックの教授というお仕事。
普段関わりがない方のイメージだと、「教授との結婚って高望みなんじゃないの?ものすごく確率が低いんじゃ…」「簡単に玉の輿に乗れるとは思わない」「私、別に普通の一般人だし…正直格差があるかも」と思うかもしれません。

確かに教授を問わず、高収入であったり社会的地位の高い男性は、結婚相手に求める条件として

  • 学歴
  • 家柄
  • 顔が美人
  • 特定の職業
  • もしくは結婚相手も高年収やお嬢様

などがある…なんて話も聞いたことがあるかもしれません。

 

そこで同じように、実際に教授の妻となった方に

  • 自分で容姿を美人だと思うか、ブスだと思うか
  • 妻であるあなたは、どのような性格だと思うか
  • 普段の服装はどのようなイメージか
  • 妻であるあなたの家柄は良いと思うか
  • 高学歴か、それとも低学歴か
  • あなたが結婚した際の職業と年収

についても聞いてみました。

これを読んでもらえば、どんなタイプの人が大学教授の男性にウケるのか参考になると思います。

 

そして最後には、普段出会いのない教授と出会うきっかけ、結婚方法についてご紹介します。
最後まで読んでいただくと、教授との結婚がすごく難しいとか、高望みじゃない事もわかると思います。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!
<今すぐ「大学教授・准教授と出会う方法」まで記事を飛ばす場合はこちら>

大学教授の平均年収・給料って?

それではまず、大学准教授・教授の平均年収をご紹介します。

大学准教授の平均年収・給料って?

大学准教授の平均年収は、以下の通りです。

25~29歳 471.4万円~521.4万円+ボーナス130.4万円
30~34歳 497.9万円~597.9万円+ボーナス149.5万円
35~39歳 514.7万円~618.7万円+ボーナス154.7万円
40~44歳 574.2万円~695.2万円+ボーナス173.8万円
45~49歳 656.6万円~778.6万円+ボーナス194.7万円
50~54歳 724.2万円~834.2万円+ボーナス208.6万円
55~59歳 717.3万円~827.3万円+ボーナス206.8万円
60~65歳 463.1万円~827.3万円+ボーナス140.8万円

httpsheikinnenshu.jpkomuinjunkyoju.htmlより

ちなみに公立・国立・私立大学の准教授の平均年収は、それぞれ以下の通りです。

公立大准教授:600万円~700万円
国立大准教授:650万円~750万円
私立大准教授:700万円~800万円

准教授でも、平均年収は30代で700万円、40代で800~900万円、50代で1000万円越え。
30代の准教授を捕まえても、専業主婦としてやっていくことは十分にできます。

でも、大学教授はもっと収入が多いですよ!

大学教授の平均年収・給料

大学教授の平均年収は以下の通りです。

35~39歳 989.7万円+ボーナス247.4万円
40~44歳 1112.0万円+ボーナス278.0万円
45~49歳 1245.4万円+ボーナス311.4万円
50~54歳 1334.4万円+ボーナス333.6万円
55~59歳 1278.8万円+ボーナス319.7万円
60~64歳 900.7万円+ボーナス225.2万円

httpsheikinnenshu.jpkomuinkyoju.htmlより

いかがでしょう。
まず教授である時点で、平均年収が1200万円を切ることがありません。

おまけに40代では1500万円、50代では1600万円にも到達します。

特に年収の高い大学教授はここ!

ちなみにですが、特に教授の年収が高い大学TOP10が以下になります。

国立大学

第1位 東京医科歯科大学 1183.1万円
第2位 東京大学 1159.4万円
第3位 政策研究大学院大学 1143.1万円
第4位 東京工業大学 1128.8万円
第5位 東京海洋大学 1118.9万円
第6位 東京農工大学 1098.9万円
第7位 大阪大学 1095.4万円
第8位 九州大学 1087.3万円
第9位 お茶の水女子大学 1087.0万円
第10位 総合研究大学院大学 1085.4万円

 

私立大学

第1位 早稲田大学 12,767,900円
第2位 中央大学 12,763,790円
第3位 明治大学 12,652,517円
第4位 関西大学 12,352,330円
第5位 同志社大学 12,335,810円
第6位 立教大学 12,332,509円
第7位 関西学院大学 12,222,720円
第8位 法政大学 12,041,745円
第9位 慶應義塾大学 11,868,160円
第10位 立命館大学 11,839,840円

 

このように、平均すると私立大学の方が100万円ほど高くなるようです。

大学教授の退職金って?

退職金については、平均すると3000万円と言われています(https://myjobstep.jp/742
サラリーマンの平均定年退職金が2000万円と言われていますから、さすがは大学教授ですよね。

<今すぐ「大学教授・准教授と出会う方法」まで記事を飛ばす場合はこちら>

実際に教授・准教授と結婚した方のアンケート結果

お待たせしました。
それでは実際に教授・准教授と結婚して、嫁として幸せな生活を送っている方の体験談を見ていきましょう。

教授・准教授との憧れの結婚生活はもちろん、教授の妻の特徴や条件なども参考になると思います。
中には、本当にセレブな結婚生活を送っている人もいるようです。

Aさんの体験談はこちらをクリック

Aさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

500万円

現在の家族構成を教えてください。

夫、娘(生後2か月)、私。

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦です。

家事はどのようなことをしていますか?

現在はこどもが生まれたばかりなので、おもに育児。
あとは料理、洗濯、掃除など。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は主に育児、家事。休日は家族で買い物などにでかけます。

教授・准教授と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

正直、収入はそこまでよくはありませんが、社会的なステータスはかなり高いと思います。
そして交友関係も国際的でインテリな人が多いので、自然と話題が国際色ゆたかになり、そういった部分が好きです。

また年に数回ほど海外出張があるので、私も同行して海外旅行にしちゃいます。

もちろん私の分は自費負担ですが、すべて半額で済むのでラッキーだと思います!

夫自身、学生時代は長く海外にいたので、英語で頼れるというのもかっこいい部分です。
私は自分自身が大学を出ていない事がずっとコンプレックスなので、海外の大学、大学院を卒業、博士号まで取得して、大学の先生をしている男性が夫というだけで、なんだか自分が補強された気持ちになります。

子育てをするうえで、教授・准教授と結婚してよかったと思うことは何ですか?

時間の使い方がほぼ自由なので子育てでたくさん頼れるところが本当に助かっています。(子供のお風呂は、毎日夫が担当してくれます)

正直なところ、教授・准教授の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

誰かに夫の職業を聞かれて「大学の先生です」と言った際、良い反応しか見たことがありません。
夫の大学はかなりレベルも高いので、反応は更にいいです。

親に教授・准教授と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

いろいろうるさい親でしたが、一瞬でOKでした(笑)

あなたの容姿は美人だと思いますか?

普通以上だとは思います。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

好奇心旺盛、気が強い、はっきりしている。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

言葉で伝えるのは難しいですが、キャサリン妃のファッションが好きだけど、マネしきれてない・・・みたいなファッションでした(笑)

あなたの家柄は良いと思いますか?

超平民です。中の中か、少し下くらいだと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

ぜんぜん高学歴ではありません。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

職業はベンチャーの営業職。年収500万円。

Bさんの体験談はこちらをクリック

Bさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

大学から600万円ほど。
そのほか、外部での講師に呼ばれたり、本を出したりして、年間20〜30万円ほどの収入があります。

現在の家族構成を教えてください。

自分・夫の2人暮らし。

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働きです。

家事はどのようなことをしていますか?

基本的には私がやっています。
長期休暇の際は、掃除や料理を夫がすることもあります。

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

25万円ほど
家賃:9万円 食費:4万円 通信費:2万円 水道光熱費:2万円 交際費:2万円 その他:3万円

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

家計は私が管理しています。
共働きなので、それぞれ自分の働いたお金を使っています。

月給の中から、お互いの共通の口座に20万円ずつ入れることにしています。
残りを自分のお小遣いにしています。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は朝から夕方まで仕事をしています。
朝は7時頃に起床して朝食、身支度をして出勤。6時頃に退勤して買い物。

帰宅し、夕食を作って7時頃に帰宅してきた夫と食事。
後片付けをして入浴、その後はだらだらお茶を飲んで話したり、本を読んだりして、12時頃に寝ます。

 

休日は出かけない日は9時頃までベッドの中にいます。
起きて洗濯をしたり買い物に行ったりします。

夫と出かけるときは、映画やカフェ、本屋さんに行くことが多いです。

教授・准教授と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

堅実な考え方をするのと、努力を認めてくれるところは「いいな」と思います。
また、比較的高収入なので生活が安定しており、車などの高価なものも一括で買えることと、ローンの審査も(組んだことはありませんが)すぐ通ると思います。

休み時間などが比較的自由になるので、役所への届け出がある際なども気軽に行ってくれます。
准教授は普通の勤め人とあまり変わらないと思いますが、妙に世間受けが高いです。

 

生活サイクルは、相手を見ると「のんきだなあ」と思います。
研究職と言っても文系なので実験などもなく、好きに本を読んでいたりするのを見ると、余裕があるなあと思います。

その分、生活にカリカリしたりイライラしたりせず、頼むといやな顔をしないでいろいろしてくれるので、よかったなあと思います。

正直なところ、教授・准教授の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

夫の職業を聞かれたとき、「○◯大に勤めてます」としか言わないのですが、「先生?」と聞かれて頷くと、「すごい!」と言われます。
別にすごいとは思わないのですが、ああすごいんだなあ、と思って、嬉しい気持ちにはなります。

親戚の集まりでの評価も高く、私から見てもちょっと偏屈な人なのですが、「大学の先生だからね」という一言でみんな許してくれます。

親に教授・准教授と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

とても良かったです。「でかした!」「安心!」と言われました。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

人並みです。
まったく華やかではありませんが、ひどくもないと思います。

服装やお化粧にはそれほどお金をかけていません。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

あまり怒らない。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

おとなしめのコンサバ。
白黒紺にパステルカラーが多いです。

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通のサラリーマン家庭です。
中の中または中の下です。

あなたは高学歴だと思いますか?

大学院卒なので、高学歴だと思います。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

37歳で500万円。

Cさんの体験談はこちらをクリック

Cさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

1000万円

旦那様との出会いの場・馴れ初めについて教えてください。

お見合い

現在の家族構成を教えてください。

夫、私の二人です

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦

家事はどのようなことをしていますか?

掃除と洗濯、炊事など普通の事をしています

月の生活費はいくらくらいですか?

15万円で食費と光熱費、私のおこずかいで、後は夫が管理をしています

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

2~3万円ですが、足りない場合には請求しています。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は家事を済ませたら自由時間です。
ウォーキングをしたり、スポーツを楽しんでいます。

休日は夫と買い物に出かけたり近くの公園に行きます。

教授・准教授と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

職業的にも、認められているというステータスが有ると思います。
知り合った時にはまだ講師だったのですが、准教授まで昇格しました。

真面目な人で研究熱心です。
そのため研究やゼミ関係での集まりがあったりすると、遅くなる事もしばしばあります。

 

生活サイクルは通常の時には規則正しく夕ご飯までには帰ってきますが、テスト期間だったりその準備があると遅くなる事も有りますので、それに合わせて夕食の準備をしています。
とにかく常に勉強をしているという感じで、家でも机に向かったり本を読んでいたりして熱心で真面目な人です。

そういった誠実で真面目なところにひかれました。
収入面でも昇格すると上がっていくので、今後も期待しています。

正直なところ、教授・准教授の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

ゼミの生徒さんが自宅に来てくれたり、そういったつながりがあってとても楽しいです。
慕われている夫の妻で要られて嬉しいです。

親に教授・准教授と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

結婚した時には講師でしたが、大学の講師という事で期待してくれていました。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

美人というわけでは有りませんが、身だしなみや服装には気を付けています

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

思い立ったらすぐに行動するタイプ

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

落ち着いた格好をしています

あなたの家柄は良いと思いますか?

銀行マンの父と専業主婦の母です

あなたは高学歴だと思いますか?

大学卒業しました

結婚した際のあなたの職業と年収は?

事務員で年収は300万円ほどです。

Dさんの体験談はこちらをクリック

Dさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

800万円

現在の家族構成を教えてください。

旦那、私、子供(3歳)

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦

家事はどのようなことをしていますか?

料理、掃除など一通り

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

生活費10万円、家賃5万円、水道光熱費・インターネット代 4万円、通信費 2万円、保険1万円

お小遣いはどれくらい貰っていますか?(小遣い制の場合)

3万円

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日 子どもとのんびり遊ぶ
休日 買い物をしたり、お出かけをしたりする。

教授・准教授と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

人と話したときに、ちょっとしたステータスを感じる。
授業の時間以外は比較的時間が取れるので、旦那が家で仕事をしていることもあり、子供の面倒を見るのをお願いをして、買い物に行けたりする。

収入も専業主婦ができるぐらいあり、月々の貯金もある程度できるので助かっている。
今は子どもが一人しかいないので、子供の教育費に充てられるお金もあり、生活にもゆとりがある。

 

現在は教職員の宿舎を使わせてもらっているので、比較的広い家に住めているのも助かる。

また、夏休み、冬休みなど、長期の休みも取りやすいので、家族で旅行に行く機会が多いのはいいと思う。

家に学生をよんでくることも多いので、子供がいろんな人に会うのを楽しみにしている。

子育てをするうえで、教授・准教授と結婚してよかったと思うことは何ですか?

子供の教育費に回すお金が多いのが助かっている。
遅くまで残業をすることがないので、いつも家族でご飯を食べられるのがいい。

正直なところ、教授・准教授の妻ということでステータスを感じる瞬間についてエピソードを踏まえて詳しく教えてください。

子供の幼稚園のママ友に、旦那の仕事を聞かれて答えると、羨望の眼差しで見られること

親に教授・准教授と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

びっくりしていたが、喜んでいた。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

普通だが、清潔感はあると思う。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

明るく、気が使えるほう

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

地味目で、子供と遊ぶことが多いので、ジーンズなど動きやすい服

あなたの家柄は良いと思いますか?

地方だが、比較的家柄はいいと思う

あなたは高学歴だと思いますか?

大学院卒なので、そこそこ高学歴だと思う。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

会社員、年収350万円

Eさんの体験談はこちらをクリック

Eさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

准教授から教授になり1000万程になりました。

現在の家族構成を教えてください。

主人と2人です。

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦をしています。

家事はどのようなことをしていますか?

普通の家庭で行っている家事と変わりありません。
家政婦さんがいるわけでもないので、普段は洗濯、炊事、掃除等一般的な家事を行っています。

月の生活費はいくらくらいですか?

月15~20万くらいでしょうか。
数回外食に行くこともあり、月に1度は友人を招いて食事会をしています。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

普段の家事に加え、
主人も休みの場合は一緒に映画観賞をしたり、出かけたりします。

主人がいない場合はのんびりと読書をしたり、料理やお菓子作りなどをして食事会のメニューを考えたりしています。

教授・准教授と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

収入の多い方と結婚をしたことで心にゆとりができたかなと思います。
以前は、仕事人間になっていてぎゅうぎゅうに詰め込んでいたので、普段から時間に追われていて正直ピリピリすることも多くありました。

ですが結婚を機に主人の希望もあり専業主婦になったことで、自由な時間が増えました。

普段の家事にも時間をかけることができ(今まで忙しさにかまけることが多かったので…)、さらに時間ができたことで他のことにも時間を使うことができるようになりました。

時間にゆとりができると無駄に急ぐことがなくなり、結果として心にゆとりができるようになりました。
教授だから結婚したわけではありませんが、結論からすると教授と結婚したことで専業主婦になり時間にゆとりができたおかげで心にゆとりができたと思います。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

高校の時にミスコンで優勝しました。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

普段はおっとりしていると言われます。
自分ではあまりそう感じませんが…

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

一応教授の妻ということで恥じないような格好をするようにしています。
以前は雑誌のoggiを参考にしていました。

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通の会社員の家庭です。
特に表立っていいとは言えないと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

都内の私立大学です。
6大学は卒業していますが、個人としては高学歴とは言えないかもしれません。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

製薬会社でOLをしていました。
年収は200万ほどでした。

Fさんの体験談はこちらをクリック

Fさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

980万円

現在の家族構成を教えてください。

夫と私の二人です

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦

家事はどのようなことをしていますか?

家のこと一般的な事をすべてしています

月の生活費はいくらくらいですか?

20万円の中で食費と生活必要品、光熱費と携帯代金を支払い、家賃と保険は夫です。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は家事をしたら図書館に行ったり散歩にでかけたりしています。

教授・准教授と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

職業的には大学の准教授という事で信頼されている職業というのが有るかもしれません。
私としても尊敬できる存在で、年齢的にも離れているので喧嘩になりません。

若干りくつっぽいところもありますし、なんでも理詰めで話してくるのは職業柄なところかもしれません。
細かい事をいろいろやってくれるので、お金の管理も基本的には夫がしてくれています。

 

収入も子供がいないので十分たりていますし、たまに帰りが遅くなったりゼミの生徒さんとの集まりがあったりしますが、其の他の時には結構早く帰ってきます。
子供がいたらまた違った生活パターンかも知れませんが、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ています。

趣味の登山に出かけたりと、けっこう休みも有ります。

正直なところ、教授・准教授の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

準教授という事で、公務員の先生よりもお給料は良いのかもしれません。
安定は公務員ほどは無いかも知れませんが、教授を目指して頑張っています。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

そうでもないです

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

真面目な性格かも知れません。でも行動力があります。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

清潔感のある服装を心がけています。

あなたの家柄は良いと思いますか?

会社経営をしているので比較的良いです。

あなたは高学歴だと思いますか?

大学まで進学しました

結婚した際のあなたの職業と年収は?

大学を卒業してすぐに結婚しました、年収はありませんでした

Gさんの体験談はこちらをクリック

Gさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

950万円

現在の家族構成を教えてください。

主人、私、息子2人

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦です。

家事はどのようなことをしていますか?

一般的な家事のみです。

月の生活費はいくらくらいですか?

30万円です。

教授・准教授と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

職業面
そこそこ安定していると思うので、満足しています。

収入面
世間一般からするとなかなかの高収入だと思うので、とても満足しています。

 

ステータス
ママ友、友人、知人、親戚などから、とても羨ましがられるので、この点についても、とても満足しています。

生活サイクルなど
主人の生活サイクルは、本当にとても不規則で、親子の時間、家族の時間が取りづらく、まるで母子家庭のような毎日です。

そのため、私が専業主婦になりたくなくても、そうならざるを得ないというのが本当のところです。
世の中の時間や、生活サイクルとはかけ離れているということが当たり前の業界なんだなあという印象で、今はもう慣れました。

子育てをするうえで、教授・准教授と結婚してよかったと思うことは何ですか?

とにかく収入がいいので、好きな習い事をさせてあげられることです。

正直なところ、教授・准教授の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

ママ友、友人、知人、親戚などから、とても羨ましがられるときです。

親に教授・准教授と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

即オーケーというかんじでした。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

普通だと思います。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

明るい性格だと思います。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

お洒落だけれど派手じゃないようなイメージです。

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通だと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

普通だと思います。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

無職でした。

Hさんの体験談はこちらをクリック

Hさんの場合

旦那様の職業と年収について教えてください。

准教授 800万円

現在の家族構成を教えてください。

夫婦2人

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦

家事はどのようなことをしていますか?

料理
洗濯
掃除など一般的なもの

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

40万円
食費5万円
家賃(ローン)8万円
光熱費 3万円

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

18万円

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

朝はお弁当を作って持って行ってもらいます。
そのあと、掃除してから、洗濯などをして、そのあとの時間は自由です。

ランチに出掛けたり、読書をしたり、遊びに出掛けたりしています。

教授・准教授の男性と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

日ごろから、習い事など色々させてもらえるのがありがたいです。

習い事などで忙しいときなどは、夕食が作れなかったりする日もありますが、夫婦で時間を合わせてレストランで食事など出来るので助かっています。

大学の学生の試験期間など大変そうな時期もありますが、普段は比較的早く帰宅してくれるので、夫婦2人の時間がもてることが嬉しいです。

フィールドワークなど、研究についていくこともあるので、色々な国や地域まで視野が広がります。

准教授の奥さんということで、学生たちにも慕われますので、そのことも嬉しいです。
生活サイクルは、あまり遅くならないでいてくれるので、2人の時間が共有出来て、おかげさまで楽しく過ごせています。

正直なところ、教授・准教授の男性の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

大学に勤めているというと、博識だと思ってくれます。

親に教授・准教授の男性と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

それは嬉しそうにしてくれました

あなたの容姿は美人だと思いますか?

美人でもスリムでもないですが、ぽっちゃりしててもメリハリがあるので
男性受けは良いです。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

あまりひとには言わないが天然だと思う

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

ワンピースが多い

あなたの家柄は良いと思いますか?

裕福ではなく、奨学金で高校に通ったぐらいでした

あなたは高学歴だと思いますか?

大学院を修了しました

結婚した際のあなたの職業と年収は?

高校教師 500万円

Iさんの体験談はこちらをクリック

Iさんの場合

旦那様の職業と年収について教えてください。

大学教授 700万円

現在の家族構成を教えてください。

夫婦、子供1人の3人家族

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦

家事はどのようなことをしていますか?

料理、洗濯、掃除

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

食費約5万円、携帯7000−8000円、光熱費 10000円、衣料 5000円 雑費 10000円

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は子供と習い事、公園。
休日は家族で車でどこかにアウトドアに出かけることが多いです。

該当する教授・准教授の男性と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

収入はさほど多いわけではないのですが、職業柄自由な時間が他のサラリーマンの方よりも多いと思いますので、朝も遅めに出て、夜も早めに帰ってきてもらうことが可能なことが多いです。
特に子供が病気をしたり、何かしらの用事があるときに、パートナーの自由さは私の心の健康にもつながっているなぁと感じます。

また週末は必ずお休みなので、家族でどこかに外出することが可能です。

週末も家で仕事をしなければいけなかったり、もしくは職場に行かなければならない職業の方もいると思いますのでそういう方から比べると、このお給料でこれだけ自由があるのは家族としてはありがたいです。

もちろん人によるとは思いますが、夫の同僚も子煩悩というか家庭第一の方が多いと思います。

子育てをするうえで、教授・准教授の男性と結婚してよかったと思うことは何ですか?

自由がきくことです!病気のときに早く帰ってきてくれると助かります。

親に教授・准教授の男性と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

よかったです。頭が良いという印象なので。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

普通より上くらいだと思います。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

せっかち

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

ジーンズにTシャツです。

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通のサラリーマン家庭です。

あなたは高学歴だと思いますか?

大学卒です。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

OL、600万です。


いかがでしたでしょう?

アンケートをまとめると、大学教授の男性は

  • 真面目で誠実な人が多い
  • 高収入&安定職
  • 社会的なステータスがとても高く、ママ友から羨ましがられることが多い
  • 親ウケがとてもいい
  • 毎年海外出張がある人も多く、ついていくことが出来る
  • 時間に自由が利くため、家事や子育てを手伝ってもらいやすい
  • 夜も早めに帰ってこれることが多く、家族の時間を持ちやすい

などの結婚するメリットがあるみたいです。

 

一方で、教授・准教授の結婚相手の特徴や条件は

  • 顔も美人な人もいれば、そうでないと評価する人もいて
  • 家柄が良い人も普通の人もいて
  • お嬢様もいれば一般人もいて
  • 職業も同じ教職系の人もいれば、普通のOLさんもいて
  • 学歴も高卒から高学歴な人までいて
  • 服装も、ブランド物を着飾る人からユニクロの人までいて
  • 妻のタイプや性格も様々で

人によって、結婚相手に求めるものは様々みたいです。

大学教授と出会う方法・なれそめは?

それでは実際に、大学教授・准教授と出会う方法について考えてみましょう!

まず普段の生活以外で教授・准教授と出会うなら、講演会に参加するという方法があります。
講演会は各大学で定期的に開かれているのですが、基本自由参加で大学生である必要もありません。

質問なども自由に出来ますし、そこで自らグイグイいけるのであれば、発展しない可能性がないとは言えませんよね。
ただし相手が既婚者かもしれませんし、そもそも出会いを求めているのかもわからないので、かなり難易度は高くなります

 

もし「出会いを求めている大学教授・准教授」を探すなら、やっぱり一番手っ取り早いのはマッチングアプリです(苦手な場合は飛ばしてください)

上のアプリは会員数が1000万人以上いる、マッチングアプリ最大のペアーズというアプリですが、准教授・教授の男性もかなり登録されていました。
普段は直接見ることも声をかけることもできない教授が、確実に目の前にいるわけです。

しかも全員が出会いをもとめて登録しています。
この中の一人となら、付き合ったり結婚できる可能性だって、決して0ではないですよね(むしろ難易度の高い教授を狙うなら、全員にアプローチするくらいじゃないとだめです!)

 

それにペアーズは、私たちの個人情報を一切登録せずに相手のプロフィールを見たり、メッセージのやり取りができます(最近はFacebookも必要ありません)。
しかも女性側は、完全無料です。

普段は真面目な大学教授が、どんな顔をしていてどんな女性を探しているか、こっそり見てみるだけでも面白いですよ(笑)
ぜひ出会いのきっかけの一つとして使ってみてください。

⇒ペアーズの公式サイトはこちら

 

婚活パーティーで大学教授と出会える?

次に婚活パーティについてなのですが…まず婚活パーティーはとにかく数を集めないといけないため、「大学教授・准教授限定」のような、レアな人を集める婚活パーティーはまず開催できません。
もちろん彼らの中には婚活パーティーに参加される方もいるかもしれませんが、私たちは実際に婚活パーティーに”その都度お金を支払って”参加してみない限り、教授が参加しているかどうかわからないわけです。

(そもそも大学教授のような方々は、婚活パーティーのような公な場所で婚活をすることは少ないですけどね)

 

それなら

  • 確実に教授や准教授が登録していて
  • わざわざ会場に出かける事もなく、自宅でもどこでも連絡をとれて
  • しかも女性側は完全無料

のマッチングアプリの方が、教授と出会うには向いていると思います。

⇒ペアーズの公式サイトはこちら

 

「絶対に独身で」「本当に教授で」「男性側も結婚の準備ができている」のが結婚相談所

これまでマッチングアプリと婚活パーティーについてご紹介しましたが、マッチングアプリは

  • 独身証明書も資格証明書も収入証明書も提出の義務がないので、相手が本当に教授か、また独身かわからない
  • 料金が安いので、遊び感覚で使っている男性もいる

というデメリットがあり、婚活パーティーも

  • 独身証明書までは提出義務がないので、相手が既婚者の可能性がある
  • 料金が安いので、ダラダラと遊び感覚で使っている男性もいる

というデメリットがあります。

 

特に教授は婚活市場の超花形なので、嘘をついたりその立場を利用したりする人も確かにいます。

こういう男性につかまると、

  • 色々将来をイメージして相手に尽くしていたのに、実は相手は教授でもなんでもなかったり
  • お付き合いを続ける中で(何かあやし~な~)と思ったら実は既婚者だったり
  • 付き合っているのに相手はなかなかアプリを消してくれなかったり
  • 本気で結婚前提の付き合いをしていて結婚間近だったのに、実は他に本命がいて突然振られたり

こういう事が起こることもあるんですよね。

教授のような職業の男性を狙う場合は、実際に結婚するまでに全く安心してはいけませんし、アプリや婚活パーティーが相手を保証してくれるわけではないので、ぜーんぶ自分で確認していかないといけないんです。
これってけっこう疲れますよね(笑)

 

その点、結婚相談所は

  • 男性側もそこそこ高い入会金や月会費を払わないといけないので、「出来るだけ早く結婚したい!」と思っている男性しかいない
  • 身分証明書、独身証明書、最終学歴の証明、勤務先の証明、所得の証明、国家資格の証明などすべて必須なので、私たちも安心して婚活できる

というメリットがあります。

要は「もう結婚の準備がいつでもできている、本物の独身の教授の男性」と出会えるのが結婚相談所です。

お互いの情報は証明書提出済みなので疑う必要がないので、将来の結婚生活を安心して具体的にイメージできる安心感があるんですよね。
それに出会って目の前にいる男性は”私と結婚するかしないか”の二択で考えているので、お互いの条件が合いさえすれば、とんとん拍子で結婚が決まっちゃうのも相談所の特徴ですね。

「もう恋愛よりも結婚が大事!」なら、相談所の方が向いていると思います。

それに、教授との結婚のチャンスは、毎年減っていく…

私も婚活をしていて感じたのが、やっぱり女性は年齢を重ねれば重ねるほど不利になります。
それなのに、仮にマッチングアプリで教授なのかどうかわからない男性とダラダラ付き合って、結局うまくいかずに歳だけを重ねてしまい、最後には結婚相談所に登録したとします。

すると歳を重ねた私たちは、「自分より少し若いくらいの女性が、どんどん教授と結婚していく様子をただ見ているだけ」「私たちのお見合いはことごとく断られて、一人で生きていく覚悟をしなくちゃいけなくなる」なんてことになってしまうかもしれません。

 

でも、私も一人で生きていくことを想像したことがあるのですが、

  • 「結婚してない」というのは、友達と一緒にいても何だか一人の女性として気まずい感じがするし
  • このまま歳を重ねて親が亡くなった後、精神的な支えになってくれる人がいないのは寂しすぎるし
  • 老後の資金も、全部自分一人で用意するなんて到底無理だし
  • 親に(どうしてうちの子だけ…)なんて思われるのも悲しすぎるし
  • 今の友達も子育てに集中していって、話が合わなくて寂しい思いをするかもしれないし

とにかく絶対に一人で生きていくのは無理だと思ってました。

 

かといって相手を妥協すると

  • 可愛い子供に「どうして友達は○○してるのに、ウチでは無理なの?」と言わせてしまったり
  • 子供の習い事などで、ママ友にマウントを取られたり
  • 友達が専業主婦になって生活レベルも上がって、昼間に趣味やランチを楽しんでる中、私たちは共働きでヘトヘトになりながら働かないといけなかったり
  • 友達に何か誘われたときに、こっちは貯金のためにイチイチお金について考えないといけなくて、次第に誘われなくなったり
  • 頑張ってローンを組んで、間取り、駅地近、セキュリティを予算と相談しながらカツカツになってマイホームを買ったのに、友達は何も気にせずもっと広くてオシャレで便利なエリアにマイホームを構えてたり
  • 友達の家にお邪魔するばかりで、こちらの家にはどうも呼びにくかったり
  • 友達が長期休暇のたびに家族で旅行に行った話に、一生羨ましいと思わないといけなかったり

するかもしれません。

もし、少しでも若いあの時相談所に登録していれば、今頃生活は一変していたかもしれないのに…。

 

それなら一番若い今、お金を出して相談所でサッと教授と結婚してしまって、

  • 「教授の妻」として一目置かれる
  • 仕事を辞めて専業主婦になり、趣味や習い事を楽しめる
  • お金の一切の悩みがなくなって、夢のような人生が送れる
  • 老後も支えあったり、精神的な支えになってくれる
  • 何よりも親が「安心した」「おめでとう」と喜んでくれる
  • 自分だけのかわいい子供に、習い事でも何でも好きなことをさせてあげられる
  • 友達の不況の話も関係なく、毎月ザクザクお金が貯まっていく
  • ママ友の誰よりも立派なマイホームに住めるし、友達も沢山呼べる
  • 一生に一度しかない結婚式も、とびきり特別なものにして、友達や親戚を呼べる
  • 毎年、国内旅行はもちろん海外旅行にも行ける
  • 年齢の焦りもプレッシャーもリセットできて、あとは安らぎのある安定した日々が続くだけ

そんな「教授の妻」になってしまうのが良いんじゃないかと思います。

確かに初めは少しお金はかかるけど、後になって人生まるごと変わってしまうわけですから、実は賢い選択なんですよね。

 

別に今日や明日入会する必要はないので、資料請求から軽い気持ちで始めてみるくらいが、結婚への第一歩として丁度いいんじゃないでしょうか。
お金もかかりませんし、他の人の成婚レポートを読むのも楽しいですよ(笑)

登録できる男性はエリートのみ!大学教授が集まる結婚相談所はここ

「医師限定の結婚相談所」って聞いたことありませんか?
なぜ医師が結婚相談所に登録してるのかというと、彼らもまた大学教授と同じく社会的地位が高いため、やすやすと出会いを探しに行けないからです。

また婚活する時間も限られているため、結婚相談所の仲介人にあらかじめ条件を伝えておいて、毎月その条件に合う女性を紹介してもらう…。
これが医師限定の結婚相談所です。

ちなみにこれらの結婚相談所は、人材派遣会社と提携し、”実際に医師として働いている方”をスカウトして、独自で医師の会員を集めたりしています。

 

実はSEISHINというハイクラス限定の結婚相談所も同じで、ここは元々慶応大学OBの会員制クラブで、そこから結婚相談所になりました。

ここも独自で会員を集めていて、会員の半分くらいは医師なのですが、10人に1人が大学教職や士業になってて、大学教授の割合はハイクラス結婚相談所の中で一番多いです。

また他にも

  • 35年以上の歴史(ハイクラス結婚相談所の中で一番)があり、会員数はかなり貯めこんでいる
  • ハイクラス限定のため、男性の年収は8割が700万円以上、6割が1000万円以上、3割が1500万円以上
  • 男性は身分証明書、独身証明書、最終学歴の証明、勤務先の証明、所得の証明、国家資格の証明が必須 
  • 全国6都市に支社があり、全国から幅広く会員を集めている

という特徴があります。

 

結婚相談所はマッチングアプリと違って男性側もそこそこ高い入会金や月会費を取られますから、”今すぐ結婚したい”と思っている人しかいません。
また各種証明書の提出は必須ですから、お互いの事を疑わずに安心して将来をイメージできますよ。

カウンセリングへ行けば、実際の男性のプロフィールを見せてもらうことも出来ます。
ぜひ資料請求から始めてみてください。

→SEISHINの公式サイトはこちら
→SEISHINの料金、入会資格、システムや流れ、口コミなどの基本情報はこちら

<その他のハイクラス結婚相談所一覧はこちら>