【調査】官僚の結婚相手の条件って?官僚と出会い結婚する方法

こんにちは、莉佳です🤗

この記事では、

  • 実際に官僚の男性と結婚された方に「官僚の男性との結婚生活が、どんな風になるか」について聞いたアンケート結果
  • 婚活市場で官僚の男性と結婚する方法

についてご紹介しますね。

 

官僚というのは、結婚相手のステータスとしてはこの上なく高い職業の一つです。
結婚相手の仕事を聞かれた時に「官僚」と答えて、マウントを取られる可能性は正直言って0です。

もちろん官僚という知名度を置いておいても、年収は40代で1000万円越え、国家公務員という安定性、間違いなく高学歴、そのうえ有名人と知り合う機会が多いというメリットもあります。

 

そんな結婚相手としての官僚について、記事の前半ではまず平均年収をご紹介します。
年収がわかれば、だいたいの月の生活費や家計、お小遣いがいくら貰えるか、毎年どれくらい貯金が出来るか、どんな家や車が買えるか、子供をどんな学校に行かせられるかもイメージできますよね。

 

その次に、実際に官僚の男性と結婚した人からとったアンケート結果を紹介します。

例えば

  • 官僚の旦那さんの年収
  • 妻として家事はどんなことをしているか
  • 結婚生活の月々の生活費や家計
  • お小遣い制の場合はいくらもらっているか
  • 平日・休日の過ごし方
  • 官僚の男性と結婚して幸せを感じる時
  • 官僚の男性と結婚して、子育てで良かったと感じるとき
  • 官僚の男性と結婚して、妻としてステータスを感じる時
  • 「官僚の男性と結婚する」と親に紹介した時の、親受け

などなど…。

官僚の男性と結婚した人の体験談を読むだけで、嫁としての暮らしや結婚生活、心得や覚悟がイメージできると思います。

 

でも同時に、普段官僚とかかわりがない方は

  • (官僚の男性と実際に結婚出来た人って、どんなタイプの人なんだろう)
  • (もしかして、学歴とか家柄とか容姿とか職業とか格差とか、気にする人が多いんだろうか…)
  • (今の私には、難易度高いのかな)

と、少し気になるかもしれません。

そこで同じように、実際に官僚の男性の妻となった方に

  • 自分で容姿を美人だと思うか、ブスだと思うか
  • 妻であるあなたは、どのような性格だと思うか
  • 普段の服装はどのようなイメージか
  • 妻であるあなたの家柄は良いと思うか
  • 高学歴か、それとも低学歴か
  • あなたが結婚した際の職業と年収

についても聞いてみました。

これを読んでもらえば、どんなタイプの人が官僚の男性にウケるのか参考になると思います。

 

そして最後には、普段出会えない官僚と出会うきっかけ、結婚方法についてご紹介します。
最後まで読んでいただくと、官僚との結婚がすごく難しいとか、高望みじゃない事もわかると思います。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!
<今すぐ「官僚と出会う方法」まで記事を飛ばす場合はこちら>

官僚の平均年収・給料って?

担当する部署によって年収は違いますが、まずは官僚全体の平均年収をご紹介します。

20~24歳 548.3万円
25~29歳 683.0万円
30~34歳 750.4万円
35~39歳 856.2万円
40~44歳 962.0万円
45~49歳 1,077.4万円 
50~54歳 1,154.4万円 
55~59歳 1,144.8万円
60~65歳 779.2万円

https://heikinnenshu.jp/other/kanryo.html

官僚というステータスに加え、40代で1000万円越えという高収入。
まさに富も名誉もある職業で、結婚できれば玉の輿に乗ったと呼べると思います。

ちなみにボーナスは120万円~340万円と言われています。

キャリア官僚、ノンキャリア官僚の違いって何?

官僚のキャリア組・ノンキャリア組というのを聞いたことはないですか?
「キャリア官僚」とは、いわゆる霞が関で働くエリート官僚の事。

彼らは「国家公務員採用総合職試験」というものを合格した方々で、東大卒など超高学歴な人が集まっています。
そしてそんなキャリア組は、「国家公務員採用一般職試験」に合格した”ノンキャリア組”とは出世のスピードも年収も全く違います。

 

わかりやすく平均年収を比べてみても

  • ノンキャリアの平均年収:534万円
  • キャリア組の平均年収:1390万円

なんとここまで違います。

もちろん官僚というだけでハイステータスなのは間違いないですが、やっぱりエリート官僚には叶いません。

官僚の職種別の平均年収・給料

それでは次に、いくつか職種の例をあげつつ年収を見てみましょう。

財務省の平均年収・給料

平均年収は400万~1000万と言われています(http://qq2q.biz/0tVEより)
これだけ平均年収に差があるのは、さきほど紹介したキャリア組・ノンキャリア組の差です。

外務省の平均年収・給料

超ひな形の外務省の平均年収は以下の通り

20~24歳 798.0万円+ボーナス199.5万円
25~29歳 994.0万円+ボーナス248.5万円
30~34歳 1092.0万円+ボーナス273.0万円
35~39歳 1246.0万円+ボーナス 311.5万円
40~44歳 1400.0万円 +ボーナス350.0万円
45~49歳 1568.0万円+ボーナス392.0万円
50~54歳 1680.0万円+ボーナス420.0万円
55~59歳 1610.0万円+ボーナス402.5万円
60~64歳 1134.0万円+ボーナス 283.5万円

https://heikinnenshu.jp/komuin/gaikokan.html

30代で1300万円、40代で2000万円弱…。
この平均年収は、正直言って超高収入の医師やパイロットでも届きません。

経済産業省の平均年収・給料

平均年収は400万から700万と言われています(http://qq2q.biz/Vn5Cより)

警察庁の平均年収・給料

警視庁の平均年収は以下の通りです。

30代:約700万円
40代:約860万円
50代:約900万円~1000万円以上

http://qq2q.biz/UWBB

総務省の平均年収・給料

年収約500万から約700万と言われています(http://qq2q.biz/YL0Nより)。

※ちなみに官僚の退職金って?

ちなみに官僚の退職金は、平均すると3000万円ほど、最高で6300万円ほどと言われています。

 

いかがでしょう。
収入面だけ見ても、いかに官僚が高収入かわかっていただけたと思います。

それにこの収入が自営業や民間企業と違い、国家公務員として超安定的に入ってくるわけです。
官僚の、しかもキャリア組と結婚できた女性は間違いなく勝ち組と言えるでしょう。

それでは次に、実際の結婚生活を覗いてみましょう!
<今すぐ「官僚と出会う方法」まで記事を飛ばす場合はこちら>

実際に官僚と結婚した方のアンケート結果

お待たせしました。
それでは実際に官僚と結婚して、嫁として幸せな生活を送っている方の体験談を見ていきましょう。

官僚との憧れの結婚生活はもちろん、官僚の妻の特徴や条件なども参考になると思います。
中にはプチセレブのような生活をしている方もいるみたいです。

Aさんの体験談はこちらをクリック

Aさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

500万円ほどだと思います。

現在の家族構成を教えてください。

夫婦二人暮らしです。

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦です。

家事はどのようなことをしていますか?

一般的な掃除・洗濯・料理などです。

月の生活費はいくらくらいですか?

月に食事代・生活用品代合わせて4万円をもらっています。
残りの公共料金等は全て主人が管理しております。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は、家事を行った後、テレビを見たり雑誌を読んだりネットをしたりしています。
休日は、家事を行った後、近くの街に二人でお出かけしたり、一週間分の買い物を済ませます。

官僚と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

公務員なので安定したお給料があり、安心して生活ができます。
一般企業と比べても、特別高いお給料というわけではありませんが、派手な生活をしなければ特に困ることもなく生活できると思います。

他の官僚家庭を見ても、派手な奥様はあまりお見かけしないので、みなさまつつましやかに過ごされていると思います。
官僚妻としてステータスは感じることはありませんが、「しっかりしなければ!」という意識が生まれました。

 

また、日々国のために一生懸命遅くまで働いている姿に、公務員・官僚に対するイメージが変わりました。
国会が始まると帰りが遅くなるので、国会のニュースを見ると「忙しくなるなぁ」と感じるようになりました。

また、国会関連のニュースも自分のことのように一生懸命見るようになりました。

正直なところ、官僚の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

結婚式場の見学に行ったときに、「官僚の方は初めてです。」と驚かれ、職業を聞かれなかった結婚式場より、しっかり説明していただけた気がします。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

綺麗であろうと心掛けておりますが、普通だと思います。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

明るい性格、おかしいと思ったことや少しでも疑問に思ったことはすぐ確認する心配性です。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

ユニクロが多いです。

あなたの家柄は良いと思いますか?

良いと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

思います。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

金融関連で年収は400万円ほどです。

Bさんの体験談はこちらをクリック

Bさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

600万円

旦那様との出会いの場・馴れ初めについて教えてください。

お見合いで決めました

現在の家族構成を教えてください。

夫、私、娘

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働き

家事はどのようなことをしていますか?

基本的には炊事洗濯掃除です。

月の生活費はいくらくらいですか?

15万円で食費と生活に必要な物と、子供の集金や給食費などを払っています。
あとは夫に家計を任せています。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は仕事をして18時から19時の間に帰宅します。
休日は子どもと出かけたり、趣味をしたりしています。

官僚と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

官僚というと、収入やステータスの面で安定もしていますし安心感があります。
生活サイクルも、比較的規則正しい時間にかえってくると思います。

遅い日も有りますが、午前様になるという事はあまりありません。
官僚という職業柄、根が真面目で細かいところも有りますが、その分誠実で悪い事はしないだろう(私の予想)と思っていますし、きちんとした性格です。

色々な職業が有りますが、国家公務員ですし安定という部分ではやはり強みだと思います。
不景気ですし何があるか分からない時代ですので、公務員と結婚できたというのは結構良かったと思っています。

また性格的にも真面目で誠実な人なので、面白味は少しありませんがその分安心感は強いです。

子育てをするうえで、官僚と結婚してよかったと思うことは何ですか?

勉強に関しては高いレベルでしてきたので、夫にも相談出来るというのが良いです。

正直なところ、官僚の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

ママ友とランチをしていたり、まだ知り合って間もない人との会話で夫の職業の話になるとすごいと言われます。

親に官僚と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

かなり親受けがよかったです。
公務員だし安心だと言われました。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

そうでもありません

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

比較的真面目で几帳面です

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

清楚できちんとした格好をしています

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通の家庭です

あなたは高学歴だと思いますか?

大学までいきました

結婚した際のあなたの職業と年収は?

教職員、300万円

Cさんの体験談はこちらをクリック

Cさんの場合

旦那様の職業と年収について教えてください。

職業:官僚 、年収:約900万円

現在の家族構成を教えてください。

夫・妻(私)・子ども

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働きです。

家事はどのようなことをしていますか?

料理、掃除、洗濯等、全般的に私がやっています。
掃除は2週間に一度、家事代行を利用しています。

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

約25万円。内訳は以下の通り。
住宅ローン:8万円、食費:6万円、水道光熱費:5万円、育児費用(保育料、習い事等):4万円、その他諸経費:2万円

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

【平日】
6時起床→身支度、家事→7時に子どもを起こして朝食、子どもの身支度→8時に家を出て保育園へ→9時出社→16時半退社→17時半で子どもの保育園お迎え→18時帰宅→夕食、お風呂→21時半に子ども寝かしつけ→夫の夕食準備、ひとり時間→23時半就寝

【休日】
8時に子どもと共に起床→朝食→家族3人でお出かけ(お散歩)→12時昼食→午後は子どもお昼寝、その間に料理をしたり、夫婦各々の自由時間にしたり→18時夕食→私1人でお風呂→夫と子どもがお風呂→22時で子ども寝かしつけ→自由時間→0時就寝

官僚の男性と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

1番は、国家のために働く職業であること、本人もそれに誇りを持って働いているので人として尊敬できるし、激務でも応援できることです。
私は尊敬できない人とは一緒にいられないタイプなので、結婚相手の職業としては最高レベルでした。

その他は、やはり収入が安定している点や社会的地位が高い点は生活のゆとりや小さな優越感を与えてくれて良いなと思います。
夫が官僚だと言うとナメられることはまずありませんし、住宅を購入する際などは非常に丁寧な扱いを受けたりしました(笑)

そしてこれは私の性格によるところかと思いますが…官僚は激務でなかなか帰宅できなかったり長期休暇が取れないので、適度に家事を手抜きしたり私と子どもの2人だけでのんびり実家に帰ったりできるところも、地味に良いところです。
夫本人にも、私達に寂しい思いをさせたり負担をかけているという自覚があるので、一緒にいられる時は外食したり旅行に行ったりと楽しく過ごす努力をしてくれます。

子育てをするうえで、官僚の男性と結婚してよかったと思うことは何ですか?

比較的収入が高く今後も安定した収入が予想されるので教育費がかけられそうなことと、子どもの受験についても理解があり且つ夫本人の意識も高いことです。

正直なところ、官僚の男性の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

プライベート夫の職業を明かすと基本的に驚かれ、いろいろ聞かれたりすることが多いので、そこに軽い優越感を覚えます。
あと夫が激務のため家事育児のほぼ全てを私が担っているからか、私に対して勝手に良妻のイメージを持ってもらえることが多くて、ラッキーだなと思います。

親に官僚の男性と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

諸手を上げて賛成でした。
父親ですら、1ミリたりとて反対しませんでした。

母に至っては「逃すな!」というくらいの勢いでした。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

普通だと思います。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

どちらかというとおっとりしていて、細かいことに気の回る(回りすぎる)性格だと思います。
無駄に感受性が豊かです。内向的なところがありますが、負けず嫌いでもあります。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

通勤スタイルはコンサバな感じです。綺麗めのカットソーにスカートorパンツ、またはワンピースやスーツです。
休日は、シンプルなカットソーにスキニーデニムといったスタイルが多いです。

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通だと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

最終学歴が都内某国立大学の修士課程なので、高学歴だと思います。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

職業:会社員、年収:500万円くらいだった気がします…

Dさんの体験談はこちらをクリック

Dさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

800万円程度

現在の家族構成を教えてください。

子供なしのDINKSです。

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦です。

家事はどのようなことをしていますか?

家事全般、お金の管理まで妻である私の仕事です。

月の生活費はいくらくらいですか?

20万円程度。
家賃が10万、その他携帯代や水道光熱費で10万円程度です。

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

好きな時に好きなものを買う形です。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日休日とも家事と友人と食事に行くなど、あとは習い事です。

官僚と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

職業柄世間から受ける評価はかなり高いです。
某省庁の課長補佐ですが、数年のうちに課長職まで出世する予定です。

次官レースにもまだ残っている状態なので将来的には次官クラスまで出世することができます。

生活サイクルは全く合うことがありません。
深夜残業から休日出勤まで普通にありますので、家にいることがあまりないことから夫婦の会話らしい会話もありません。

お金が月々きちんと入ってくるので生活には全く支障はありませんが、時折相手方の健康状態を気にしないといけないなと思うこともあります。
特に繁忙期では泊まり込みの生活もしていますので、少ない時間を縫って健康診断などにきちんと行くなどの助言はしてはいますが、なかなか行く時間がないようです。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

それほど美人ではありません。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

引っ込み思案です。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

カジュアルな服装です。

あなたの家柄は良いと思いますか?

一部上場企業に勤める父母なので、それなりかなと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

専門学校卒です。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

省庁にあるパートの雑務で150万円程度でした。

Eさんの体験談はこちらをクリック

Eさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

800万円

現在の家族構成を教えてください。

夫と私、娘が一人います

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦です

家事はどのようなことをしていますか?

家のことは全般的に私が行っています。ゴミだしなども全てです。

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

生活費として15万円もらい、そこから食費と光熱費水道などを支払い、生活必需品を購入しています。
娘の習い事やもろもろ掛かる物は個々から払いますが、保険や家賃のことは夫に任せています。

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

特におこずかいという事は有りませんが、15万円の中から使っています。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は娘がまだ小さいので、公園に行ったり児童館や習い事です。
休日も夫が忙しい時には二人で過ごしています。休みが取れた時には家族で出かけます。

官僚と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

職業として、キャリア組という位置づけになりますし、国家公務員の中でも特に難しい資格と言われているものなのでそれだけでもすごいと思います。
東大卒という事も有って、それが会話に出てきたときには、ママ友からも違う目で見られます。

解雇をされることはないようなので、その点公務員で良かったという安心感と、これからどんどんキャリアが上がっていくという事で年収も増えていくのではないでしょうか。
私はたぶんこのまま専業主婦でいられると思います。

 

専業主婦でいられる職業の男性と結婚したかったというのもあったので、夫で良かったです。
忙しくて帰りが遅い時も多いので、子供と二人という夕ご飯も多いです。

しかし今後のことを考えて夫を支えていきたいです。

子育てをするうえで、官僚と結婚してよかったと思うことは何ですか?

教育費はかなり掛かってくると思いますし、官僚というのが収入がどれぐらいか知らずに結婚をしてびっくりしたぐらいです。
生活的に余裕があるのでとても助かります。

正直なところ、官僚の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

ママ友たちと旦那さんの仕事は?と言う会話になった時に、官僚だとわかると一瞬空気が変わる感じが有ります。

それがステータスと言えるのかもしれません。

親に官僚と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

親のお見合いの話だった事も有りますし、官僚と結婚できる事は喜んでいると思います。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

中の上といったところでしょうか、

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

真面目な方だと思います。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

流行も少し入れつつ華美では無い感じです。

あなたの家柄は良いと思いますか?

親も官僚でした。

あなたは高学歴だと思いますか?

大学院まで行きました。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

会社員で300万円ほどです。

Fさんの体験談はこちらをクリック

Fさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

758万円

現在の家族構成を教えてください。

夫婦二人です。

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦です。

家事はどのようなことをしていますか?

家事全般。掃除洗濯料理等。

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

20万円程度。家賃10万円、食費5万円、光熱水費5万円。

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

5万円程度です。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

家事と買い物、友人と会って食事します。

官僚と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

まずはステータスが非常に高いところです。
官僚というと皆さん、すごーい、格好いい!どこで出会ったの?と驚かれることが多いです。

国際会議などがあると最近は職員として参加もするため海外に出張することもあります。
お土産を持って帰ってきてくれるのが嬉しいです。

収入ば残業代込みですが、やはりカットされているようでもう少しもらえるのになぁという印象です。
生活サイクルは繁忙期と閑散期がありますので、忙しい時は土日祝日さんな残業のためいつ帰ってきていた出かけているか、分からないぐらいです。

閑散期は定時で帰ってこれるので夜は食事に出かけたり、映画を見たりすることもできます。
オンとオフのメリハリがよくできる仕事だと思えます。

正直なところ、官僚の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

国際会議などで世界情勢を意識することができました。

親に官僚と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

忙しそうと言われましたが、喜んでくれました。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

普通かな?と思います。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

ゆっくりした性格と思います。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

プチセレブを意識しています。

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通かと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

短大卒です。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

パート職員、250万円程度でした。

Gさんの体験談はこちらをクリック

Gさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

約800万円

現在の家族構成を教えてください。

二人家族。

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働き

家事はどのようなことをしていますか?

私は料理のみで夫はそれ以外。

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

15万円程度。

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

夫の月収から生活費を引いて残ったものを二人で折半してお小遣いにしています。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

6時に起床し、朝ごはんを作って二人で食べて、7時半に出勤。

休日は目覚ましをかけずに自然と目が覚めたら起床、特に予定がなければスーパーマーケットに買い物に行って自宅でゆっくり。

官僚と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

安定している職業なので、クレジットカードの審査や家を借り入れるときにとてもスムーズであることです。
実際には組んでいないけれでも、ローンも組みやすいと思われるので生活基盤を構築するのにはとても便利です。

また国家公務員というと響きはいいので、結婚する際も両親は特に反対せず、周囲に夫の職業を聞かてもいつも「安定していて羨ましい」と言われます。

 

労働時間に対する収入は決して高いとは言えませんが、私の収入は一切補填しなくても不自由なく生活できるレベルではあるので、20代野夫婦としてはかなり恵まれた生活ができていると思います。
残業も多いですが、部署によっては20時過ぎには帰れるので、ハードな民間に比べれば生活しやすいと思います。

正直なところ、官僚の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

友人に夫の職業を聞かれて答えると、「羨ましい」「旦那さんの友人を紹介して」と言われる。

親に官僚と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

特に反対を受けることもなく「安定した家庭が築けるね」と言われた。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

平均よりかは上だと思います。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

頑固で気が強いと思います。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

ボディコンで黒を着ることとが多いので気が強そうに見えると思います。

あなたの家柄は良いと思いますか?

特に引け目を感じる要素はないので、良いほうだと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

はい

結婚した際のあなたの職業と年収は?

大手メーカー総合職勤務で年収700万円程度です。


いかがでしたでしょう?

アンケートをまとめると、官僚の男性は

  • 国家公務員なので安定した給料がある
  • 夫の職業を話したときに、ほとんどの場合驚かれたり、特別丁寧な扱いを受ける
  • ローンも組みやすい
  • 真面目で誠実な男性が多い
  • 親ウケ抜群
  • 生活サイクルが合いにくい分、夫に会わせずマイペースに暮らせる
  • 多くの場合、東大卒や京大卒などの超高学歴なので、学歴のステータス性もある

などの結婚するメリットがあるみたいです。

 

一方で、官僚の結婚相手の特徴や条件は

  • 顔も美人な人もいれば、そうでないと評価する人もいて
  • 家柄が良い人も普通の人もいて
  • お嬢様もいれば一般人もいて
  • 職業も特殊かと思いきや、ありきたりな職業も多く
  • 学歴も高卒から高学歴な人までいて
  • 服装も、ブランド物を着飾る人からユニクロの人までいて
  • 妻のタイプや性格も様々で

人によって、結婚相手に求めるものは様々みたいです。

官僚の男性と出会う方法・なれそめって?

それでは、官僚の男性と出会う方法について考えてみましょう。
…とはいっても、想像の通り官僚の男性と出会うのは物凄く難しいです。

確かに官僚自体は15000人ほどいると言われていて、意外と数は多いです。
ただアンケートを読んでいただくとわかるように、官僚の男性はとても忙しく、また不祥事があれば徹底的にたたかれるため、相席居酒屋や街コン、婚活パーティーのような不特定多数の人が集まる出会いの場やイベントには現れません。

 

なので、一般的な出会いで官僚と結婚できる確率はなかなか低いんですよね。

実際、官僚の男性と自然な出会いで結婚するパターンとしては

  • 親の紹介
  • 同じ職場

この2つが多いです。

 

ただ官僚の男性と絶対に出会えないかというとそうではなく、例えば以下のようにネット婚活では官僚の男性を見つけることも出来ます。
(アプリが苦手な場合は飛ばしてください)

上のアプリはマッチングアプリの中ではもっとも会員数が多い(1000万人超え)ペアーズというアプリですが、官僚の男性も(数は多くないものの)確かに登録されています。
普段は直接目にすることも少ない官僚の男性が、確実に目の前にいるわけですから、何とか彼らと出会いさえすれば、交際はもちろん結婚まで展開させていくことも決して不可能ではありません。

仮にその人と結婚できなくても、官僚の周りは官僚だらけなので、友達を紹介してもらうことも出来るかもしれません。
それくらい必死にならないと、官僚の男性と出会うのは難しいです(笑)

 

ちなみにペアーズは婚活パーティや結婚相談所と違って「こちらの個人情報を一切出さずに」相手の顔、身長、年収などが知れるメリットもあります。
女性側は全て無料なので、ぜひ出会いきっかけの一つとして使ってみてください(最近はFacebookと連動しなくても登録できます)。

「国を動かしてる官僚ってどんな顔してるんだろ」と覗いてみるだけでも、面白いですよ(笑)

⇒ペアーズの公式サイトはこちら

 

「10人に1人が高年収の公務員」の結婚相談所でも官僚は見つかる

先ほどマッチングアプリについてご紹介しましたが、アプリはどうしても

  • 独身証明書提出の義務がないので、既婚者が遊びで使っている可能性がある
  • 勤務先の証明も必要ないので、本当に官僚かわからない
  • 収入証明書の提出義務がないので、エリート官僚を偽っている可能性がある
  • 利用料金が安いので、遊び感覚で使っている男性もいる

というデメリットがあります。

もちろん官僚をされている方でチャラチャラ遊んでいる方は性格的にも時間的にもいないと思いますが、官僚だと嘘をついている人がいないとは言い切れません。

 

その点、結婚相談所は

  • 男性側もそこそこ高い入会金や月会費を払わないといけないので、真剣に結婚したいと思っている男性しかいない
  • 身分証明書、独身証明書、最終学歴の証明、勤務先の証明、所得の証明、国家資格の証明などすべて必須なので、本物の独身の官僚と出会える

というメリットがあります。

要は「本物の官僚と出会えて、その目の前の男性はあなたと結婚するか、しないかの二択で考えている」というのが、結婚相談所です。

官僚に出会いやすい2つの結婚相談所

官僚に出会いやすい結婚相談所が二つあるので、ご紹介しますね。
どちらも男性の年収に制限がある&公務員の男性が多く登録されているので、一定の官僚の男性も登録されています。

なので、両方とも問い合わせたり資料を取り寄せてみて、比較してみることをお勧めします。

 

1つ目はWISH(ウィッシュ)という、14年ほど歴史がある結婚相談所です。

ここは

  • 男性会員の10人に1人が公務員
  • ハイクラス限定の結婚相談所なので、男性会員の93%が年収600万円以上、52.4%が年収800万円以上、
  • 31%が年収1000万円以上
  • 男性会員の年齢層は、20代から40代までバランスよくいる
  • 男女ともに喫煙者はいない
  • 1年以内の女性の成婚率は69.2%

つまり”収入の高い公務員が10人に1人いる”わけですから、官僚の男性も結構登録されています(ただし対応しているのは1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)のみ)。

 

またWISHは入会したりカウンセリングに行く前に、自宅で公式サイトから希望する相手の条件を入れると、当てはまる男性がどれくらいいるのか事前に教えてくれるサービスもあります。

WISHはメールで教えて貰えます

要は、事前に官僚の男性がどれくらいいるかわかるわけです。

 

公式サイトでは

  • 実際に結婚された方の顔写真付きの体験談
  • 実際に登録してる男性のプロフィール(年齢、職業、年収、学歴が確認可能)
  • 年齢別の成婚レポートが200以上
  • カウンセリングルームの様子
  • 資料請求や無料カウンセリング

などが確認できるので、ぜひのぞいてみて下さい。

→WISHの公式サイトはこちら
→WISHの料金、入会資格、システムや流れ、口コミなどの基本情報はこちら

 

都心以外で官僚の男性を探すなら

二つ目はSEISHINという、35年の歴史のある結婚相談所です。

ここは

  • 35年の歴史があるだけあって、会員数がとても多い
  • 男性会員の10人に1人が公務員と士業
  • ハイクラス限定の結婚相談所なので、年収700万円以上の男性が8割、1000万円以上が6割、1500万円以
  • 上が3割
  • 全国6都市に支社があり、全国で活動できる

という特徴があります。

都心以外であれば、ここ以外に官僚の割合が多い結婚相談所は無いと思います。
無料相談では実際の会員さんのプロフィールも見せて貰えるので、ぜひ相談してみてください。

→SEISHINの公式サイトはこちら
→SEISHINの料金、入会資格、システムや流れ、口コミなどの基本情報はこちら