【調査】行政書士の結婚相手の条件って?行政書士と結婚する方法

こんにちは、莉佳です🤗

この記事では、

  • 実際に行政書士の男性と結婚された方に「行政書士の男性との結婚生活が、どんな風になるか」について聞いたアンケート結果
  • 婚活市場で行政書士の男性と結婚する方法

についてご紹介しますね。

 

昔から”士業”の男性は、結婚相手としてかなりの人気がありますよね。
食いっぱぐれがなく、まじめで賢いイメージで、まさに「結婚相手に最適」と感じている方も多いと思います。

行政書士もそんな士業の一つで、年収自体は弁護士税理士司法書士には届かなくても

  • 30代で600万円に届き、専業主婦には十分なれる十分勝ち組な職業
  • 実は活躍する場所が多くて、仕事に困らず安定している
  • 独立して1000万円以上稼いでいる人はゴロゴロいる(今回のアンケートでも協力してくれました)
  • 少しマイナーな分(皆さんが会計士や弁護士ばかり探す中)、実は年収が高いことを意外と知られていない

という、士業の中でも狙い目の結婚相手だったりします。

 

そんな結婚相手としての行政書士について、記事の前半ではまず収入面についてご紹介します。
年収がわかれば、だいたいの月の生活費や家計、お小遣いがいくら貰えるか、毎年どれくらい貯金が出来るか、どんな家や車が買えるか、子供をどんな学校に行かせられるかもイメージできますよね。

 

その次に、実際に行政書士の男性と結婚した人からとったアンケート結果を紹介します。

例えば

  • 行政書士の旦那さんの年収
  • 妻として家事はどんなことをしているか
  • 結婚生活の月々の生活費や家計
  • お小遣い制の場合はいくらもらっているか
  • 平日・休日の過ごし方
  • 行政書士の男性と結婚して幸せを感じる時
  • 行政書士の男性と結婚して、子育てで良かったと感じるとき
  • 行政書士の男性と結婚して、妻としてステータスを感じる時
  • 「行政書士の男性と結婚する」と親に紹介した時の、親受け

などなど…。

行政書士の男性と結婚した人の体験談を読むだけで、嫁としての暮らしや結婚生活、心得や覚悟がイメージできると思います。

 

でも同時に、少しお堅い雰囲気の行政書士。

ふだん行政書士とかかわりがない方は

  • (行政書士の男性と実際に結婚出来た人って、どんなタイプの人なんだろう)
  • (もしかして、学歴とか家柄とか容姿とか職業とか格差とか、気にする人が多いんだろうか…)
  • (私には行政書士と結婚する難易度は高いのかな)

と、少し気になるかもしれません。

そこで同じように、実際に行政書士の男性の妻となった方に

  • 自分で容姿を美人だと思うか、ブスだと思うか
  • 妻であるあなたは、どのような性格だと思うか
  • 普段の服装はどのようなイメージか
  • 妻であるあなたの家柄は良いと思うか
  • 高学歴か、それとも低学歴か
  • あなたが結婚した際の職業と年収

についても聞いてみました。

これを読んでもらえば、どんなタイプの人が行政書士の男性にウケるのか参考になると思います。

 

そして最後には、行政書士と出会うきっかけ、結婚方法についてご紹介します。
最後まで読んでいただくと、行政書士との結婚がすごく難しいとか、高望みじゃない事もわかると思います。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!
<今すぐ「行政書士の男性と出会う方法」まで記事を飛ばす方はこちら>

行政書士の平均年収・給料って?

それではまず、行政書士の平均年収について見ていきましょう。
以下の通りです。

20~24歳:342.0万円+ボーナス85.5万円
25~29歳:426.0万円+ボーナス106.5万円
30~34歳:468.0万円+ボーナス117.0万円
35~39歳:534.0万円+ボーナス133.5万円
40~44歳:600.0万円+ボーナス150.0万円
45~49歳:672.0万円+ボーナス 168.0万円
50~54歳:720.0万円+ボーナス180.0万円
55~59歳:714.0万円+ボーナス178.5万円
60~65歳:486.0万円+ボーナス 121.5万円

https://heikinnenshu.jp/shi/gyosei.html

30代で600万円、40代で700万円、50代で800万円台が給料の一つの目安になっています。
十分に専業主婦としてやっていける金額ですし、職業は安定しているので、かなり安心して結婚生活を送れますよね。

 

ちなみに独立した行政書士の中には2000万円以上稼ぐ方も珍しくありませんが、その理由は”仕事の単価が高額”というところにあります。
具体的には、行政書士は”ひと仕事で”以下の金額を稼げるからです。

1位 薬局開設許可 1,233,333円
2位 産業廃棄物処理業許可申請 678,342円
3位 知的資産経営報告書作成 674,118円
4位 帰化許可申請 651,429円
5位 遺留分特例に基づく合意書の作成 566,000円
6位 事業承継計画書の作成 493,333円
7位 学校法人設立認可申請 485,000円
8位 宗教法人設立 456,820円
9位 風俗営業許可申請 370,797円
10位 種苗法 249,886円

https://heikinnenshu.jp/shi/gyosei.html#chapter6

いずれにせよ士業の独立ですから、仕事は安定しています。
一般的な自営業よりはハイリスクではないので、企業勤めにせよ独立しているにせよ、行政書士である以上、収入面の心配は特に必要ないと思いますよ。

<今すぐ「行政書士の男性と出会う方法」まで記事を飛ばす方はこちら>

実際に行政書士と結婚した方に、結婚生活を聞いてみた

お待たせしました。
それでは実際に行政書士と結婚して、嫁として幸せな生活を送っている方の体験談を見ていきましょう。

行政書士との憧れの結婚生活はもちろん、行政書士の妻の特徴や条件なども参考になると思います。
中にはプチセレブな結婚生活を送っている人もいるようです。

Aさんの体験談はこちらをクリック

Aさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

年収はその年によっては変わりますが平均すると約900万円です

現在の家族構成を教えてください。

高校2年生の長男、中学2年生の長女の4人家族です

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦です

家事はどのようなことをしていますか?

一般的な炊事、洗濯、掃除などです

月の生活費はいくらくらいですか?

光熱費が約2.5万 食費が6万 ローン返済が3.5万などです

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

お小遣いせいではないので自由に使わせてもらってます

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

基本は家事をして、あとは友人と食事に行ったりショッピングに行ったりです

行政書士と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

やはり行政書士ということもあり収入面では安定していると思います。
やはりその年にも忙しい月と忙しくない月とはあり、その差はありますが、平均するとやはり年収的にもかなり安定しているので家計簿も付けやすいです。

最初の駆け出しのころの時は少し収入面でも厳しい時もありましたがその当時のことがあったからこそ夫も仕事を頑張ってくれたんだなと思っております。
今は独立して事務所も開いているので、休む時はしっかり休んでくれるので、生活サイクルの面でもこの日は休んでほしいと言えば、本当に抜けれ内容時以外はすべて休みにしてくれています。

あとは独立したおかげで家と事務所が一緒なのでずっと家にいる感覚なのでそこもいいことだと思います。

子育てをするうえで、行政書士と結婚してよかったと思うことは何ですか?

土日が基本休みなので助かりました。

正直なところ、行政書士の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

ママ友に自慢しやすいところですかね

親に行政書士と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

大喜びでした

あなたの容姿は美人だと思いますか?

全然思いません

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

おおざっぱだと思っています。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

スポーティな格好です。

あなたの家柄は良いと思いますか?

いいと思います

あなたは高学歴だと思いますか?

全然思いません

結婚した際のあなたの職業と年収は?

私は一般企業の受付をしていて約300万くらいです

Bさんの体験談はこちらをクリック

Bさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

1500万程度

現在の家族構成を教えてください。

夫、長女、長男の4人家族

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

専業主婦

家事はどのようなことをしていますか?

掃除、洗濯、調理等家事一般。夫、子供の車での送り迎え。

月の生活費はいくらくらいですか?

食費、生活用品、新聞代、ガソリン代、ペット費用等で25万。

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

生活費の残りを自由に使う。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は家事と子供の世話。週一でテニススクール。
休日も家事と子供の世話。家族でショッピングやレジャーに車で出かける。

行政書士と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

行政書士だけでなく司法書士の資格をもち働いているので収入は安定している。
銀行勤務の時の年収とたいして変わらないが、定年がなく長く働くことができるのがいいと思う。

生活サイクルは基本的に土日祝日は休みだが、顧客の都合により不規則になることもあるが気になるほどではない。
銀行勤務の時と比べ帰宅時間も早くなり子供たちと過ごす時間的なゆとりができてよかったと思う。

 

世間一般的なステータスとしては弁護士よりは低いのかもしれないが、信頼と信用のある職業として認められていると思う。
対外的にも恥ずかしくない職業であり、社会の役にも立てているのではないかと考える。

全体に安定した職業で専業主婦を続けることができるので結婚して良かったと思う。

子育てをするうえで、行政書士と結婚してよかったと思うことは何ですか?

収入が安定しているので専業主婦として子供たちに十分な手間と時間がかけられてよかったと思う。

正直なところ、行政書士の妻ということでステータスを感じる瞬間について教えてください。

色々な場所で夫の職業を伝えると相手からそれ相応の対応を受ける時。
ママ友からすごいです、等と言われる時。

親に行政書士と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

高学歴、安定した収入なので歓迎された。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

それほどひどくはないかもしれません。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

比較的保守的。負けず嫌いなところもある。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

コンサバ。

あなたの家柄は良いと思いますか?

特に悪くはない。

あなたは高学歴だと思いますか?

4大卒。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

銀行勤務、400万程度

Cさんの体験談はこちらをクリック

Cさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

900万円

現在の家族構成を教えてください。

DINKSです。

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

同じ行政書士です。

家事はどのようなことをしていますか?

料理は私ですが、その他の家事は旦那任せです。

月の生活費はいくらくらいですか?

20万円弱 食費が5万円、家賃が8万円 その他水道光熱費携帯代交際費です。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は仕事です。休日は趣味のサイクリングなどをします。

行政書士と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

お互いに予備校時代の仲間での結婚なので、将来のビジョンの共有がしやすかったです。
現在は共同での事務所運営をしており、運営もそれなりに軌道に乗っています。

ステータスとしては、行政書士だけでなく宅建士もお互いに取得しているので不動産関係の仕事もできること、昔は代書屋と揶揄されましたが最近は町の法律家としても認識が強まっているため仕事量は多くこなしています。
今後新たに職員を採用して事業拡張を検討しているところです。

ただやはり仕事が多いためなかなか平日に自分たちの時間が持てないことが悩みです。
お客様のニーズに合わせた仕事時間になってしまうため早くから遅くまで仕事をするのでワーカーホリックにはなってしまっています。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

それなりかと。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

真面目な性格です。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

スーツスタイルが多いです。

あなたの家柄は良いと思いますか?

行政書士の家系ですが、普通です。

あなたは高学歴だと思いますか?

私立文系です。一応有名大学です。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

行政書士で600万円程度でした。

Dさんの体験談はこちらをクリック

Dさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

600万円

旦那様との出会いの場・馴れ初めについて教えてください。

婚活パーティーでした(婚活パーティーについてはこちら⇒

現在の家族構成を教えてください。

夫と私と二人家族です

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

パートに出ています

家事はどのようなことをしていますか?

家のこと全般を担当しています

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

食費で3万円、後は光熱費で15000円、其の他は夫の口座から引き落とされるようになっています。

お小遣いはどれくらい貰っていますか?

パート代の中から使っています

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日は週に4回パートに出ていて、休日は趣味の映画を見に行ったり夫とウォーキングをしたりしています

行政書士と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

行政書士は資格を持っているという安心感が有りますし、開業しているわけではなく事務所に所属しているのでそこまで年収は多くは有りませんが、二人家族なので十分やりくりができます。
将来のことを考えても法律的な事にも詳しいですし、分からない事が出てきた時に色々聞けるので頼りになります。

また生活サイクルも定時に帰ってくる事が多いですし、たまにお付き合いや残業が有るという事も有りますが、管理職なのでその点は結構融通が利くようです。
私の誕生日などのイベント時には早く帰って来てくれたりするので嬉しいです。

年齢も年齢なので、子供を作ることは無いと思いますし、二人でゆっくり生活していけるぐらいの貯金をしっかりしていきたいです。

親に行政書士と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

将来の事を考えてももし今の事務所に何かあってもどこかで働けるだろうという安心感があったようです。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

年齢よりも若く見られます

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

明るくて社交的だと思います

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

年齢よりも少し若い服装です

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通の家庭です

あなたは高学歴だと思いますか?

大学卒業です

結婚した際のあなたの職業と年収は?

会社員で400万円です

Eさんの体験談はこちらをクリック

Eさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

750万円

現在の家族構成を教えてください。

夫婦二人。

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働き。

家事はどのようなことをしていますか?

半々。旦那が掃除洗濯です。

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

25万円。家賃10万円、光熱水費5万円、食費5万円等。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日はお互い仕事に没頭します。
土日祝日休みになるため、休日は出かけたりします。

行政書士と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

同業者なので、まずお互いの仕事内容を理解していることが大変助かります。
行政書士は代書屋と言われるのですが、今ややれることが増えているためビジネスチャンスも多く到来しています。

お互いに日々どの分野に事業展開していくかを考えていけます。
収入はほとんど自営業なので波はありますが、なるべく早く安定するように頑張っています。

 

セミナーを開催したりクライアントからのやや無茶苦茶な要望に応えたりするため、たまに深夜残業や休日出勤が出たりします。
特に旦那は所長としても活動しているので、体調を崩さないよう最大限健康管理に気をつけてもらっています。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

普通です。

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

サバサバしています。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

スーツが多いです。

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通かなと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

私大卒です。

結婚した際のあなたの職業と年収は?

行政書士 550万円

Fさんの体験談はこちらをクリック

Fさんの場合

旦那様の年収について教えてください。

600万円

現在の家族構成を教えてください。

旦那、私、子供が一人

あなたは専業主婦ですか?それとも共働きですか?

共働き

家事はどのようなことをしていますか?

炊事洗濯、掃除など一般的な事です。

月の生活費はいくらくらいですか?(大まかな家計も)

3~4万円で食費、光熱費が3万円、スマホが2万円、家賃が12万円、あとは保険や貯金などは旦那が担当しています。

あなたの平日・休日の1日の過ごし方について教えてください

平日はパートに出かけたり、買い物をしたり、子供の保育園の向かえと育児です。
休日は旦那が休みの日には家族で公園やレジャーに出かけたり、まとまった買い物などをしています。

行政書士と結婚してよかった!と思う事は何ですか?

行政書士は手に職という仕事で、将来的には独立を考えているという点で少し期待が持てます。
しかし今の段階ではまだ雇われている身なので、そこまで多い年収ではありません。

ステータスとしては、社会的にもそこそこ認められている職種なのではないかという事は思いますが、ハイクラスな生活が出来ているという訳ではなく専業主婦でもないので、そこまで感じてはいません。
まだまだこれから教育費なども掛かってくるので、貯金はしっかりしておこうと思っています。

生活スタイルは繁忙期は遅くなる事も有りますが比較的早く買ってくる日も多いので、一緒にご飯が食べられますし子供がまだ小さいので色々と手伝ってもらうことも出来て、助かっています。

子育てをするうえで、行政書士と結婚してよかったと思うことは何ですか?

父が肉体労働者で怪我をしたりして大変だったので、それを考えると机の業務が主なので良かったと思っています.
手に職が有るという安心感が強いです。

正直なところ、行政書士の妻ということでステータスを感じる瞬間について詳しく教えてください。

資格があり、それを使って将来独立することが出来ればさらにステータスを感じる事が出きるかもしれません。
今の段階ではそこまでは感じていません。

親に行政書士と結婚すると伝えた時、親の反応・親ウケはどうでしたか?

親は多分喜んでいたと思います。

あなたの容姿は美人だと思いますか?

そうでもないです

あなたは自分でどんな性格だと思いますか?

堅実なタイプだと思います。

あなたの普段の服装はどのようなイメージですか?

あまり派手目ではなく、控えめで落ち着いています。

あなたの家柄は良いと思いますか?

普通の家だと思います。

あなたは高学歴だと思いますか?

大学卒業です

結婚した際のあなたの職業と年収は?

医療事務をしていて300万円弱ぐらいだと思います。


いかがでしたでしょう?

アンケートをまとめると、行政書士の男性は

  • 収入が安定している
  • 親ウケ抜群
  • 安定している上、定年がなく長く働けるため老後の心配がない
  • 社会的ステータスが高い
  • ママ友から羨ましがられる

などの結婚するメリットがあるみたいです。

 

一方で、行政書士の結婚相手の特徴や条件は

  • 顔も美人な人もいれば、そうでないと評価する人もいて
  • 家柄が良い人も普通の人もいて
  • お嬢様もいれば一般人もいて
  • 職業はお堅い仕事ばかりかと思えば、一般職の方も多く
  • 学歴も高卒から高学歴な人までいて
  • 服装も、ブランド物を着飾る人からユニクロの人までいて
  • 妻のタイプや性格も様々で

人によって、結婚相手に求めるものは様々みたいです。

行政書士の男性と出会う方法・なれそめは?

それでは、行政書士の男性と出会う方法について考えてみましょう!
まずお仕事を通じて彼らと出会う方法ですが、行政書士の仕事は確かに幅広いものの、私たち一般女性が日常生活でお世話になる事はほとんど無いと思います。

しいて言うなら遺言書関係ですが、私たちには随分と先の話ですもんね。
なので、仕事を通じて行政書士の男性と知り合ったり結婚できる確率は低いです。

 

では一般的な出会いの場…例えば街コンや相席居酒屋で出会えるかというと、確かに行政書士の中でも参加している方はいるかもしれませんが、実は行政書士って弁護士よりも人数が少ないんです。
なので弁護士と巡り合う確率よりも低いわけですから、なかなか効率的に見つけられません。

でも、それって行政書士の男性も同じなんです。
それを証拠に、ネット婚活では簡単に行政書士の男性を見つけることが出来ます(マッチングアプリが苦手な方は飛ばしてください)↓

ちなみに上のアプリは、マッチングアプリの中ではもっとも会員数が多い(1000万人超え)ペアーズというアプリですが、さすがは1000万人の会員がいるだけあってたくさん行政書士の男性が登録されていました。

(ちなみに2番目に会員数が多いomiaiというアプリはペアーズの1/3しか会員がいないので、、もしマッチングアプリで行政書士の男性を狙い撃ちするのであれば、ペアーズだけで大丈夫だと思います)

 

普段は声をかける事さえできない行政書士の男性が、確実に目の前にいるわけです。
積極的に声をかけて接点を持てば、沢山の行政書士の中から一人くらいは付き合ったり結婚したりできるとは思いませんか?

ペアーズは婚活パーティや結婚相談所と違って「こちらの個人情報を一切出さずに」相手の顔、身長、年収などが知れるメリットもあります。
女性側は全て無料なので、ぜひ出会いのきっかけの1つとして使ってみてください(最近はFacebookと連動しなくても登録できます)。

「行政書士の男性って、どんな顔してるんだろ」と覗いてみるだけでも面白いですよ(笑)

⇒ペアーズの公式サイトはこちら

 

行政書士に出会える婚活パーティーはここ!

婚活の中でも人気の出会いの場、婚活パーティ。
こういったイベントは、一度にたくさんの方と出会えるメリットがありますよね。

ただ一般的な婚活パーティーは

  • とにかく数を集めないといけないため、「行政書士限定」などのパーティーはない
  • 年収証明書、資格証明書の提出義務はない

というデメリットがあります。

実際、婚活パーティでは自分の職業や年収を偽って、遊び目的で参加している方がかなり多いです。

 

ただし唯一、ハイクラス限定の婚活パーティーを開催しているプレミアムステイタス

  • 男性は免許証などの本人証明書に 加え、名刺・社員証・国家資格証明書・年収証明の提出が必須
  • 年収1000万円以上の7士業限定(弁護士・会計士・弁理士・司法書士・行政書士・税理士・社会保険労務士) 」などのパーティーがある
  • 全国八都市に加え「ビデオ通話パーティー」まであるので、全国どこでも参加できる

ので、行政書士の男性も見つけられると思います。

プレミアムステイタスは常時180ほど婚活パーティーを募集しているので、今週・来月どんなパーティーがあるかぜひ探してみてください。

⇒プレミアムステイタスの公式サイトはこちら
⇒プレミアムステイタスの口コミはこちら

 

「絶対に独身で」「本当に行政書士で」「真剣に婚活をしている」のが結婚相談所

これまでマッチングアプリと婚活パーティーについてご紹介しましたが、マッチングアプリは

  • 独身証明書も資格証明書も収入証明書も提出の義務がないので、相手が本当に行政書士か、また独身かわからない
  • 料金が安いので、遊び感覚で使っている男性もいる

というデメリットがあり、婚活パーティーも

  • 独身証明書までは提出義務がないので、相手が既婚者の可能性がある
  • 料金が安いので、ダラダラと遊び感覚で使っている男性もいる

というデメリットがあります。

 

とくに士業の男性は婚活市場ではとにかくモテるので、行政書士だと嘘をついていたり、本物でも既婚者の方が多い傾向にあるかもしれません。
そういったリスクを承知しつつ、「沢山の人と出会ってその中で本物の行政書士と出会えたらいいな~」くらいの方ならアプリや婚活パーティーも良いんですけどね。

ただし

  • 相手が本当に行政書士か、また独身か疑わないといけない
  • なかなかアプリを消してくれないor付き合ってるのにまだ活動している
  • 真剣な話をしているのに、「もう少し考えさせて」と言われて待っていたのに、最後には降られた

などが頻繁に起こることは忘れてはいけません。

要は恋愛目的なら良いものの、結婚だとかえって遠回りなんですよね。

 

その点、結婚相談所は

  • 男性側もそこそこ高い入会金や月会費を払わないといけないので、「出来るだけ早く結婚したい!」と思っている男性しかいない
  • 身分証明書、独身証明書、最終学歴の証明、勤務先の証明、所得の証明、国家資格の証明などすべて必須なので、私たちも安心して婚活できる

というメリットがあります。

お互いの情報が明らかなので結婚生活も安心してイメージできますし、お互いが真剣なので後は合うか合わないかだけ。
お互い合うと思えば、とんとん拍子に結婚が決まっていくのも特徴です。

「恋愛より結婚!」なら、今相談所に登録しないといけない理由…

私も婚活をしていて感じたのが、やっぱり女性は年齢を重ねれば重ねるほど不利になります。
それなのに、仮にマッチングアプリで行政書士なのかどうかわからない男性とダラダラ付き合って、結局うまくいかずに歳だけを重ねてしまい、最後には結婚相談所に登録したとします。

すると歳を重ねた私たちは、「自分より少し若いくらいの女性が、どんどん行政書士と結婚していく様子をただ見ているだけ」「私たちのお見合いはことごとく断られて、一人で生きていく覚悟をしなくちゃいけなくなる」なんてことになってしまうかもしれません。

 

でも、私も一人で生きていくことを想像したことがあるのですが、

  • 「結婚してない」というのは、友達と一緒にいても何だか一人の女性として気まずい感じがするし
  • このまま歳を重ねて親が亡くなった後、精神的な支えになってくれる人がいないのは寂しすぎるし
  • 老後の資金も、全部自分一人で用意するなんて到底無理だし
  • 親に(どうしてうちの子だけ…)なんて思われるのも悲しすぎるし
  • 今の友達も子育てに集中していって、話が合わなくて寂しい思いをするかもしれないし

とにかく絶対に一人で生きていくのは無理だと思ってました。

 

かといって相手を妥協すると

  • 可愛い子供に「どうして友達は○○してるのに、ウチでは無理なの?」と言わせてしまったり
  • 子供の習い事などで、ママ友にマウントを取られたり
  • 友達が専業主婦になって生活レベルも上がって、昼間に趣味やランチを楽しんでる中、私たちは共働きでヘトヘトになりながら働かないといけなかったり
  • 友達に何か誘われたときに、こっちは貯金のためにイチイチお金について考えないといけなくて、次第に誘われなくなったり
  • 頑張ってローンを組んで、間取り、駅地近、セキュリティを予算と相談しながらカツカツになってマイホームを買ったのに、友達は何も気にせずもっと広くてオシャレで便利なエリアにマイホームを構えてたり
  • 友達の家にお邪魔するばかりで、こちらの家にはどうも呼びにくかったり
  • 友達が長期休暇のたびに家族で旅行に行った話に、一生羨ましいと思わないといけなかったり

するかもしれません。

もし、まだ若いあの時相談所に登録していれば、今頃生活は一変していたかもしれないのに…。

 

それなら一番若い今、お金を出して相談所でサッと行政書士と結婚してしまって、

  • 「行政書士の妻」として一目置かれる
  • 仕事を辞めて専業主婦になり、趣味や習い事を楽しめる
  • お金の一切の悩みがなくなって、夢のような人生が送れる
  • 老後も支えあったり、精神的な支えになってくれる
  • 何よりも親が「安心した」「おめでとう」と喜んでくれる
  • 自分だけのかわいい子供に、習い事でも何でも好きなことをさせてあげられる
  • 友達の不況の話も関係なく、毎月ザクザクお金が貯まっていく
  • ママ友の誰よりも立派なマイホームに住めるし、友達も沢山呼べる
  • 一生に一度しかない結婚式も、とびきり特別なものにして、友達や親戚を呼べる
  • 毎年、国内旅行はもちろん海外旅行にも行ける
  • 年齢の焦りもプレッシャーもリセットできて、あとは安らぎのある安定した日々が続くだけ

そんな「行政書士の妻」になってしまうのが良いんじゃないかと思います。

確かに初めは少しお金はかかるけど、後になって人生まるごと変わってしまうわけですから、実は賢い選択なんですよね。

 

別に今日や明日入会する必要はないので、資料請求から軽い気持ちで始めてみるくらいが、結婚への第一歩として丁度いいんじゃないでしょうか。
お金もかかりませんし、他の人の成婚レポートを読むのも楽しいですよ(笑)

7人に1人が士業、しかも年収〇万円以上の結婚相談所がある

もし「ちゃんと収入のある行政書士の男性」を効率よく探したければ、ハイクラス限定の結婚相談所がお勧めです。

ハイクラス限定の結婚相談所は

  • 男性側は最低でも年収600万円以上の制限があるため、年収の低い男性を紹介される心配がない
  • 人材派遣会社と提携したり、元は一流大学OB限定の会員制クラブだったりで、独自にハイクラスな男性を集めているため他では出会えない方が登録している
  • 士業の男性は花形なので、ハイクラス限定の結婚相談所にはたくさん登録されている

という特徴があります。

 

ハイクラス結婚相談所はいくつかあるので後でご紹介しますが、その中でもクラブオーツーは

  • 会員の7人に1人が士業なので、行政書士の男性も沢山登録している
  • ハイクラス結婚相談所なので、男性会員の9割は年収600万円以上、5人に1人は1000万円以上
  • キャンペーン中で「公式サイトから男性の希望条件を入力すると、今いる男性会員の中から条件に当てはまる3名のプロフィールを送ってもらえる」

という特徴があります。

 

要は「高収入の行政書士の男性が沢山登録している」&「本登録も一切せず、自宅にいながら自分の希望の行政書士の男性が登録しているか教えて貰える」わけです。

詳しくは、以下の公式サイト、もしくは私がわかりやすくまとめたページを覗いてみてください。

クラブオーツーの公式サイトはこちら
→クラブオーツーの料金、入会資格、システムや流れ、口コミなどの基本情報はこちら

 

2番目に行政書士の多い結婚相談所は?

クラブオーツー以外にもハイクラスの結婚相談所はいくつかあるので、わかりやすく比較してみました。
もちろんクラブオーツーが行政書士の男性の割合は一番多いですが、基本的にはどこのハイクラス相談所にも行政書士の男性はいますからね。

ちなみにクラブオーツーの次に多いのはWISH(ウィッシュ)というところで、士業の割合は20人に1人まで下がります。
ただWISHでも事前に条件を入力すると登録している男性会員を教えてくれるサービスをやっているので、それだけでもやってみても良いと思います。

→WISHの公式サイトはこちら
→WISHの料金、入会資格、システムや流れ、口コミなどの基本情報はこちら

その他のハイクラス結婚相談所一覧はこちら